持っててよかった!ツーリングに役立つ7つのアイテムをご紹介します




どうも!バイク乗ろうぜの慎也です。

 

ツーリングに行くと「あれ持ってこればよかったなー」とか「こんなのがあったら助かるのになー」って思うことはありませんか?

俺がいろんなところに走りに行く上で、あるとめちゃくちゃ助かったものを7つご紹介します。

 

この記事は

  • ツーリングに行き始めたバイク初心者さん
  • ツーリングをより快適にするための道具を探している

そんなあなたに向けて書いています。

 

スポンサーリンク

 

ツーリングでめちゃくちゃ役立つ7つのアイテム

目薬

いきなりこれか!って感じなんですけど、地味でもすげー役に立つんですよ(笑)

バイクって高速で走るものなので、目に負担がかかるんですよ。

 

パソコンを見るより数倍の負担がかかっています。

ジェットヘルメットだと風も受けて、目が乾いてしまいますよね。

 

そんな時に目薬があるとめちゃくちゃ癒されます。

しかも眠気が来た時にも、眠気覚ましにも使える万能なやつです。

 

 

耳栓

これまた地味ですけど、こいつもすごいんですよ。

バイクが原因で騒音性難聴になる可能性があるんです。

 

高速道路を走ると風切り音やエンジン音、ロードノイズで時に100dBもの音量を出すことがあリます。

うるさいバイクのエンジン音だと120dBにもなるそうです。

 

100dBを2時間、110dBは30分聞き続けると難聴になる可能性が高くなります。

120dBはそれ自体を回避しないと難聴になってしまいます。

 

実際に高速を2時間乗って休憩すると耳がキーンとして、たまに頭痛がするんですよね。

なので耳を守ることは実はとっても大事なんです。

 

バイクが大好きなのに、バイクのせいで難聴になってしまっては悲しいですよね。

九州ツーリングで1,100kmの高速移動をした時に大活躍してくれました。

 

最初装着した時は「そんなに変わらなくない?」って思ったんですけど、外してバイクに乗ってみたらあまりの風切り音やノイズのうるささにびっくりしました。

 

そしてこいつはインカムなどの音声はきちんと聞こえるし、音楽もきちんと聴くことができます。

高速道路をインカムで音楽を流して走ると低域が吸われて、高域のシャカシャカした部分しか聴こえなくなりますが、この耳栓を装着するとバランスが整えられて聴きやすくなるのは驚きました。

 

 

 

レッグバッグ

レッグバッグはその名の通り、足につけるバッグです。

見た目はちょっとアレですけど…

 

でも俺はタンクバッグは大嫌いで、シートバッグもなるべくならつけたくないんです。

これらのバッグはバイクのかっこいいフォルムを邪魔するし、乗ってても邪魔なんですよね。

 

でも財布や小物を入れるのためにはバッグが必要。

でもウエストポーチはダサいし、動きにくい。

タンデムシートが段差があるタイプだと、邪魔になるんですよね…

 

そんな時にレッグバッグが大活躍です。

ライディングの邪魔もしないし、見た目もまあまあスマートです。

容量としては500mlのペットボトルが2本入るくらいと思っていただけたらいいですね。

 

そしてKOMINEのレッグバッグは完全防水なので、絶対に濡らしたくないものを入れておけます。

今年に入って買ったのですが、使い勝手が良すぎてめちゃくちゃ愛用しています。

 

物があまり入らないのが欠点ですが、なるべく荷物を減らして気軽なツーリングも悪くはありません。

 

 

日焼け止め

バイクは常に紫外線にさらされています。

ヘルメットやジャケットを着ているものの、意外としっかり日焼けするんですよね。

 

特にヘルメットのシールド部分だけ変な日焼けをするんですよね…

UVカットが入っているとはいえ、完全に日焼けを防げるわけじゃありません。

 

出発前に顔や首、その他露出しているとこに塗ると、翌日のヒリヒリがだいぶ違います。

ちなみにスプレータイプの日焼け止めはクソなので、面倒でもリキッドタイプにしましょう。

 

俺はビオレのリキッドタイプの日焼け止めを愛用しています。

 

 

スマホホルダー

スマホホルダーを初めて使った時は「なんだこれ神か」って思いました(笑)

グーグルマップをナビ代わりにできるだけでツーリング時の快適さが段違いです。

 

ダイヤルをカチカチと回すだけでスマホを固定できるので重宝しています。

 

しかもこのようにホルダーごと取り外せるので、スマホをマウントしない時にはステーだけ残った状態にできます。

ほんの少しスマートかな…

 

もちろん道に迷うのもそれはそれでバイクの楽しみだとは思いますが、絶対に遅れたくない時や、知らない道を走らなければいけない時にすごく活躍します。

 

スマホホルダーを使い始めてからは、タンクバッグは即外して、ツーリングマップルも自宅で保管するようになりました。

俺と全く同じものは在庫切れで販売していませんでしたが、どこかのOEM商品なので同じタイプのものを載せておきます。

 

 

USB給電ソケット

USB給電を初めて使った時は「なんだこれ神か」って再び思いました(笑)

スマホをナビにするとめちゃくちゃ電池を食うんですよね。

 

知らない道でiPhoneの電池が切れた時の絶望感。

綺麗な景色に出会って写真を撮りたいのに、iPhoneの電池が切れていた時のガッカリ感。

 

この2つが解消できるだけでも十分に価値があります。

 

このUSB給電ソケットは2つ同時に給電できます。

俺はiPhoneの給電と、SONYのカメラの給電に使用しています。

 

 

インカム

インカムもスマホをナビに使い始めた時から大活躍しています。

ブルートゥースで音声を飛ばして、聞いています。

 

高速道路の運転がすげー退屈なので音楽を聴きながら走ったりもできます。

今やツーリングには欠かせないアイテムとなっています。

 

個人的にはSENAのインカムがかっこいい。

近未来のアイテムみたい(笑)

 

もうすぐSENAの新製品の30Kが出ると聞いてワクワクしています。

20Sを買おうと思っていただけに、ここでの新製品情報はモヤモヤしますね(笑)

 

早く情報が出てほしい!

 

まとめ

俺がツーリング時に役立つ7つのアイテムを紹介させていただきました。

目薬や耳栓なんかは地味だけどすげー役に立つのでぜひ使ってみてください。

 

あなたの快適なツーリングの役に立てたら嬉しいです。

それでは!

 

スポンサーリンク







YouTubeでモトブログ配信中!

文章じゃお伝えできない情報や感動をZX-14Rに乗りながらYouTubeにて動画でお伝えしています。

ツーリング先の情報や、バイクに乗りたい!と思うような動画を配信しています。

 

バイク乗ろうぜというチャンネルで配信中!

気に入ったらチャンネル登録してね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

田﨑 慎也

バイク乗ろうぜ管理人。プロギタリスト兼WEBライター。Kawasaki ZX-14Rに乗って走り回ることが大好きな人。あなたが「バイクに乗りたい!」と思うような景色や風景、そして情報をお届けします。