【ZX-14R九州ツーリング】東京〜福岡を高速道路で駆け抜けました【1日目】

ZX-14R 九州ツーリング




どうも!バイク乗ろうぜの慎也です。

 

普段は東京に住んでいるのですが、福岡の実家への帰省も兼ねて2017年8月5日から九州ツーリングへ行ってきました。

フェリーを使うか悩んだのですが、ずっとやってみたかった高速道路で一気走りです。

 

20代の頃にやりたくてもやれなかった九州ツーリングを思い切り楽しんできました。

 

スポンサーリンク

 

東京から福岡までの道のり

所要時間と金額


今回の移動の所要時間はおよそ16時間。

ほぼグーグルマップの言う通りに進みました。

 

高速料金は東京〜福岡インターまで休日割引を利用し12,360円でした。

(正確には大阪で道を間違えて一旦降りているので少しだけ余計に高くつきました…)

 

スーパー台風5号が接近していた

Wikiより引用

この図はちょっと見にくいのですが、東京を出発する時点で8/6~7に九州を直撃する予想でした。

ずーっと東の海でぐるぐるしてたのに、九州に帰るときに上陸なんて…

 

結果的に台風5号は福岡に上陸はしなかったのですが、フェーン現象で西日本が気温が上昇していました。

もうね…とにかく暑い…大阪以西が暑くて、岡山と広島が猛烈に暑かったです…

 

福岡へ向けて出発

朝4時半に東京を出発。

まだ気温が上がりきる前なので、少し涼しい。

 

浜松インターで休憩。

東京から浜松までZX-14Rなら余裕です。

 

バイク神社で買ったお守りもしっかりとお供しています。

三重県までは雨に降られたり渋滞に巻き込まれることもなく、順調に進みました。

 

スポンサーリンク

 

大阪からの道のりが過酷

高速道路のインターチェンジでミスして尼崎で降りてしまいました(笑)

大阪で後ろからガンガン煽ってくる車がいたんで、ちょっと遊んでたらこんなことに…

 

大阪怖い

 

そしてフェーン現象で西日本が猛暑で、大阪辺りから急に気温が36度になり体力を持っていかれましたね…

直射日光に照らされて、ナビ代わりのiPhoneも熱でストップ。

 

俺自身も600km近く走ってきていたので疲れが出てきて、コンビニに逃げ込みました。

 

下道を少し走って高速道路には無事に復帰したのですが、ここからが地獄でした。

岡山、広島と猛烈な暑さで体力を持っていかれ、SAやPAごとに休憩をする羽目に…

 

水分補給はきちんとしていましたが、動けなくなるくらい体力を消耗してしまいました。

休憩時間も徐々に伸び、ご飯を食べる気力もありませんでした。無理して食べても眠気に襲われますし…

 

そして、モトブログ用のカメラに給電するためのUSBケーブルも壊れて、散々な中国地方でした。

 

宮島

なんとか無理やり進んで宮島SAへ。

岡山から広島はトンネルが多くて、とっても退屈なんですよね。

 

トンネルみたいに薄暗いと眠気が襲ってきます。

 

 

SAに鳥居がありました。

 

すげーいい景色。なんかめっちゃ元気が出ました(笑)

 

日もだいぶ沈んだし、気温も少し下がって体力も復活。

ここから下関の壇ノ浦まで一気に駆け抜けます。

 

本州と九州を結ぶ関門橋…そして福岡へ

家を出発してから約15時間。ついに下関の関門橋まで来ました。

自宅から壇ノ浦まで約1,000kmです。猛暑の中よく走ったなと。

 

関門橋を渡っているとき、1,000kmの道のりを走ってきた達成感と疲労感でめちゃくちゃ興奮しました。

 

1106kmの道のりを走り、午後10時に無事に福岡の実家に到着しました。

 

まとめ

各地で雨に降られたり、フェーン現象でめちゃくちゃ暑い中で走ったりと過酷な移動でした。

雨や猛暑で体力を持っていかれるのが本当にきつかったですね。

 

 

1,100kmの移動自体はZX-14Rなら駆け抜けることは可能です。

改めてZX-14Rのポテンシャルを実感しました。マジですげーバイクです。

ただ真夏の移動はもうやりたくはないですね。

 

2日目へ続く。

スポンサーリンク







YouTubeでモトブログ配信中!

文章じゃお伝えできない情報や感動をZX-14Rに乗りながらYouTubeにて動画でお伝えしています。

ツーリング先の情報や、バイクに乗りたい!と思うような動画を配信しています。

 

バイク乗ろうぜというチャンネルで配信中!

気に入ったらチャンネル登録してね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください