ツーリング中のストレスが減る?使いやすさナンバーワンのクシタニのレッグバッグ




どうも!バイク乗ろうぜの慎也(@ShinyaGuitar)です。

 

バイクに乗る時に運転の邪魔にならず、便利な小物を持ち運びたい。そんな時に活躍するのがレッグバッグ。タンクバッグやシートバッグのようにバイクのフォルムを崩さずに、ウエストポーチみたいにシートに当たって邪魔にならない便利な一品です。

 

最近新しいレッグバッグに変えたのですが、使い勝手が優れていて、バイクのことをきちんと考えられているなーって思ったのがクシタニのレッグバッグです。今日はそんなお気に入りのレッグバッグのご紹介です。

 

この記事は

  • 日帰りツーリングで手ぶらでバイクに乗りたい
  • バイクに乗った時に操作の邪魔になってほしくない
  • タンクを傷つけたくない

そんなあなたに向けて書いています。

 

KUSHITANI レッグバッグ

以前は別のレッグバッグを使っていたのですが、ちょっとした細かい不満と、もう少し容量の大きなレッグバッグがいいなーと思ってたんですよ。前のレッグバッグを買う時にも候補に入っていたのがクシタニのレッグバッグです。

 

メインの荷室は2つに別れていて、大きな荷室とポケットで仕切られた少し小さめの荷室です。大きめの財布と小物を分けられたりできますね。

 

メインの荷室にはサイドのファスナーからアクセス可能です。バイクを路肩に停めて、ちょっと中の荷物を取りたいという時に便利かなって思うけど、俺の場合はすぐに取り出せるような小物はここに入れないので今まで1回も使ったことないな…細々としたものを入れている人にはいいかも。

 

ここに財布やiPhoneなどのガジェットの充電ケーブルを袋にまとめて収納しています。その他にも出先で受け取ったチラシとかチケットとかもまとめて突っ込んだりしています。

 

外側には小さなポケットが。元々はここにコインケースが入っていて、小銭なんかを収納できるのですが、俺はコインケースを取っ払ってここにリップクリームや目薬、眠気覚ましのタブレットなどコンパクトなものを中心に入れています。細々したものを分けられるから便利。

 

ここにもポケットがあります。サイズ的には大きなものは入らないので、鍵とか入れておくのに便利かも…ってブログ書いてて思った。入れたことないけど。俺はプレゼント用のちびステッカーを入れています。

 

ジャケットの裾がバッグに被らないように設計されているのですが、これが何気に便利なんですよ。

ジャケットの裾にかぶるとファスナーが締めにくかったり、ジャケットのフォルムが崩れてかっこ悪くなってしまいます。多少丈が長めに作られているジャケットでも被らなそうなのでいいかも。

 

写真には撮っていませんが、急な雨の時のレインカバーとケータイ電話を入れるポーチも付属しています。

 

これはめっちゃくちゃ個人的な話ですが、レインカバーはかさばるから普段持ち歩きません。素材のおかげか多少の雨でも平気だったし、雨が降ったらその時はその時って思っちゃうし。

そしてケータイのポーチはサイズ的にちょっと小さくて、俺のiPhoneXsは入りませんでした。何かに使えないかなーと思いながらも、結局取り外して押入れに。

 

ツーリング中のストレスが減るレッグバッグ

タンクへの気遣いが最高

レッグバッグってほとんどが足にベルトを巻いて固定する構造になっているため、どうしてもタンクへの干渉が気になります。バックルだったり、留め具などがタンクに当たって傷が入ってしまった…なんて話も聞いたことがあります。

 

俺も前使っていたレッグバッグも含めてタンクにバックルや金具が当たらないようにかなり気を使っていたのですが、クシタニのレッグバッグはきちんとカバーが付いていること。

 

この下に余ったベルトを留めるパーツがあるのですが、そのパーツを覆うようにカバーが装着されています。これが本当に役に立つんですよ。走りながらタンクに傷が入らないように…って考えるのって結構面倒なんですよね。どうせツーリングに行くなら快適に走りたいわけで。

 

小さなことかもしれないけど、やっぱりこういうカバーってとっても便利。大事な愛車にわざわざ傷をつけたいバイク乗りはいないと思う。

 

足のベルトが固定できる

前に使ってたレッグバッグの不満点でもあったのですが、使っているうちに足のベルトがどんどん動いちゃうんですよね。

気が付いたらバックルがタンク付近に移動してて、信号待ちで直すみたいな。

今のところは気をつけていたのでタンクに傷が入ったことはありませんが、その修正作業が地味にめんどくさいんですよね。それがクシタニのレッグバッグを使ったら一気に解消しました。

 

写真では分かりにくいかもしれませんが、足のベルトをベルクロで固定できる仕様になっているんです。しかもバッグの見えない部分だから全然目立たないし。

これね、地味だけどすっごくストレスが減ったんですよ。ベルトが固定できるだけでこんなにもストレスが減るなんて…

 

こまめに足のベルトを確認する作業がなくなっただけでめんどくささが段違い。俺みたいにタンクに当たるかどうかの細かい部分を気にするくせに、めんどくさがりにとって神仕様です。

 

まとめ

レッグバッグにあった足のベルトに対する不満を解消してくれて、ツーリング中のストレスが激減しました。

バッグ自体の使い勝手も個人的にはお気に入り。容量的に雨具は入らないですが、日帰りツーリングであればこれ1つで余裕で行けちゃうなって思います。

 

欠点も特になく、強いていうなら人によってはサイズが少し大きいってことくらい。ただサイズを求めて買った俺にとっては欠点でもなんでもないってことです。ツーリング中のストレスが減るクシタニのレッグバッグ。ぜひチェックしてみてくださいね!

 

KUSHITANI レッグバッグのHPはこちら

 

ぜひこの記事が参考になれば嬉しいです。それでは!

 

こちらの記事も人気です



YouTubeでモトブログ配信中!

文章じゃお伝えできない情報や感動をZX-14Rに乗りながらYouTubeにて動画でお伝えしています。

ツーリング先の情報や、バイクに乗りたい!と思うような動画を配信しています。

 

バイク乗ろうぜというチャンネルで配信中!

気に入ったらチャンネル登録してね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

田﨑 慎也

ギターとバイクとブログの人。Blog & YouTube「バイク乗ろうぜ」/ エイ出版社「BikeJIN WEB」連載中 / オリジナルインストアルバム「Up and Down」発売中。Kawasaki ZX-14Rに乗って走り回ることが大好きな人。ブログとYouTubeを通して情報発信をして、バイクに乗りたいと思うきっかけ作りをしたい。