やまなみハイウェイからパノラマラインへ下る春の阿蘇ツーリングは最高だ




どうも!バイク乗ろうぜの慎也です。

 

先日新しいZX-14Rが納車されたのですが、せっかく福岡で納車されたので阿蘇ツーリングへ行ってきました。

バイク乗りの聖地阿蘇は何度行っても最高でした。

 

今日は実際に走ったオススメのルートを紹介します。

 

この記事は

  • 阿蘇ツーリングのルートを知りたい
  • 春の阿蘇ってどんなの?

そんなあなたに向けて書いています。

 

スポンサーリンク

 

春の阿蘇ツーリング

今回のルートは大分自動車道の湯布院ICで降りた所のすぐ近くにある、道の駅ゆふいんからスタートです。

やまなみハイウェイ→ミルクロード→大観峰→阿蘇パノラマラインという阿蘇の王道ルートを堪能したツーリングでした。

 

ケニーロードも本当は走りたかったのですが、工事で通行止のため走れず…

うーん…残念!

 

今回阿蘇を走るのは3回目でしたが、もしあなたが阿蘇を初めて走るのであればこのルートを走れば間違いないと感じました。

時間があるときに細かいポイントに遊びに行けばいいかなと。

 

阿蘇の大自然を堪能してください!

 

やまなみハイウェイ

大分から熊本までつながる最高に走りやすいワインディングです。

大分自動車道の湯布院ICで降りて、道の駅ゆふいんから南下していくのですが、進むにつれて九重連山から阿蘇へ繋がり、壮大な景色を見る事ができます!

 

マジで最高のワインディングです。

 

道の駅ゆふいんからスタートです。

きちんとバイク用の駐輪場も用意されています。

 

朝日を浴びながら、程よい気温の中ワインディングを駆け抜けていきます。

きついカーブもないのでついつい飛ばしたくなりますが、白バイもたまに見かけるの注意してくださいね。

 

しっかし白バイも気持ちがいいだろうな…

 

やまなみハイウェイを道なりに走ると長者原があります。

ここの景色は言葉を失うくらい最高です。

 

ぜひバイクを脇に停めて写真を撮ったり、景色を堪能してください。

 

スポンサーリンク

 

ミルクロード〜大観峰

やまなみハイウェイをしばらく南下するとミルクロードに入るために右折します。

この時期の阿蘇は春先から行われる野焼きによって、ゴツゴツとした茶色い大地に変化しています。

 

夏に走った時の青々とした景色を想像していたので、あまりの変化にびっくりしました。

しかし、1年の中でこんなにも表情が変わる道もなかなか無いですよね。

 

夏とは全く違う景色が観れてよかったです!

 

大観峰の駐車場は阿蘇を見渡すことができます。

阿蘇のカルデラを見渡すなら大観峰で休憩ですね!

 

ここにはハンバーガーやコロッケなどの軽食や、お土産コーナー、出店などあり、食べるのには困りません。

 

阿蘇パノラマライン

大観峰から南下したらすぐ阿蘇パノラマラインに行くことができます。

この最高の絶景を見ることができて本当に嬉しいです。

 

そしてスケールの違いを実感します。

 

思わずバイクを停めて、景色に見とれてしまいます。

自然って本当にすごい。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今回ケニーロードは工事のため通行禁止で行けなかったのですが、やまなみハイウェイ→ミルクロード→阿蘇パノラマラインと絶景の続く道を走ることができました。

 

もっと時間があればたくさん走り回りたいところではありますが、1日しか走れないという中で阿蘇を満喫するのであれば、このルートが王道だと感じました。

季節が変わるごとに行きたいって思いますもん。

 

もしあなたが初めて阿蘇を走るのであれば、ぜひ今日紹介したルートを走ってみてください。

阿蘇の素晴らしさに言葉が出なくなりますよ。

 

ぜひ雄大な大自然を堪能してください!

それでは!

 

スポンサーリンク







YouTubeでモトブログ配信中!

文章じゃお伝えできない情報や感動をZX-14Rに乗りながらYouTubeにて動画でお伝えしています。

ツーリング先の情報や、バイクに乗りたい!と思うような動画を配信しています。

 

バイク乗ろうぜというチャンネルで配信中!

気に入ったらチャンネル登録してね!

 

1 個のコメント

  • 慎也さんこんにちは。

    いつかは行って見たいと思っていたコースです。

    九州は宮崎・鹿児島・桜島しか行った事がなくて、今回のコースとえびの高原はいつか行きたいです。
    いつも北海道と九州で迷って北海道に行ってしまっています。ごめんなさい。

    北海道はバイク乗りの聖地という事でお許しください。

    九州に行ったときに関東と距離感の違いがあるが勉強になりました。
    距離感のミスでえびの高原に行けなかったのが今でもくやまれます。

    今度行くときは今回のコースを参考にしたいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください