やまなみハイウェイ〜押戸石の丘〜大観峰はバイク乗りの天国【九州ツーリング2017/4日目前編】




どうも!バイク乗ろうぜの慎也(@ShinyaGuitar)です。

 

3日目後編の長崎県平戸にある川内峠と生月島ツーリングが終わり、この九州ツーリングもついに阿蘇に向かう日がやってきました。

バイク乗りの聖地と呼ばれている阿蘇。広大な大地に広がる絶景は今でも目に焼き付いていて一生忘れられません。

 

この記事は大分県のやまなみハイウェイ、熊本県の阿蘇の押戸石の丘、大観峰を回るツーリングルートをご紹介します。

 

 

 

大分県湯布院

やまなみハイウェイ

福岡県から九州自動車道に乗って、鳥栖ジャンクションで大分自動車道に乗り換えて湯布院までやってきました。

大分の湯布院といえば温泉で有名です。

 

湯布院ICから降りてすぐのところに道の駅ゆふいんがあるので、そこで小休憩。

湯布院からは大分から阿蘇へと続く県道11号線のやまなみハイウェイという最高に気持ちいい道があります。


この道はとても走りやすく、景色も素晴らしい最高の道です。

九州ツーリングを考えているバイク乗りにとっては、欠かせない道ですね。

 

長者原

やまなみハイウェイを下って行くと長者原があります。

くじゅう連山が連ねるところで、山々に囲まれた道を走ることが出来ます。

 

まっすぐに伸びた道の先に見える山はバイク乗りにとって興奮しますね…

実際に走っていて、めちゃくちゃ興奮しました。

 

 

熊本県阿蘇

押戸石の丘

今回の九州ツーリングで一番の絶景は?と聞かれたら迷うことなく「阿蘇の押戸石の丘」と答えます。


阿蘇山からそう遠くないところの押戸石の丘はあります。

劇場版の進撃の巨人のロケ地にもなったみたいですね。

 

この駐車場の時点ですでに絶景が広がっています。

 

ちなみに駐車場と押戸石の丘に来るまでの道はダートと言うか、砂利道になっているのでご注意ください。

でもZX-14Rでもなんとか来れたので、たぶんどんなバイクでも大丈夫です。(笑)

 

この道から登っていきます。

 

もうね、最高の景色と、最高の空気でした。

言葉や写真、そして動画ですら押戸石の丘の絶景を表現するのが難しいくらいです。

 

この絶景が360度パノラマで広がっている…と言うのが限界かなと。

見渡す限りの大自然。

 

このような巨大な石が祀られています。

阿蘇のパワースポットでもあります。

 

押戸石の丘から観た景色は二度と忘れることができません。

本当に最高の景色でした。

 

東京に帰りたくないぜ!

 

大観峰


大観峰もまた絶景が広がるポイントです。

高低差のある景色を一望できるポイントです。

 

ここもまた絶景なのですが、近くにミルクロードが走っており、大観峰の駐車場があります。

ここから眺める景色もまた素晴らしいです。

 

ミルクロードを一望できる小高い丘になっています。

 

最高にいいところでした。

言葉を失う絶景です。

 

 

まとめ

4日目前半は大分県の湯布院からやまなみハイウェイを走り、長者原、押戸石の丘、大観峰と絶景の続くコースを走りました。

バイク乗りにとって本当に天国のような道が続きます。

 

興奮を抑えられませんでした。

今回の九州ツーリングのメインを阿蘇にして大正解でした。

 

今回走った絶景は動画の方が伝わると思うので、ぜひこちらの動画もご覧になっていただけたら嬉しいです。

 

 

4日目後編は思わず涙が出るほど美しい、阿蘇パノラマラインを走るルートです。

それでは!

 

4日目前編のルート

こちらの記事も人気です



YouTubeでモトブログ配信中!

文章じゃお伝えできない情報や感動をZX-14Rに乗りながらYouTubeにて動画でお伝えしています。

ツーリング先の情報や、バイクに乗りたい!と思うような動画を配信しています。

 

バイク乗ろうぜというチャンネルで配信中!

気に入ったらチャンネル登録してね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

田﨑 慎也

ギターとバイクとブログの人。Blog & YouTube「バイク乗ろうぜ」/ エイ出版社「BikeJIN WEB」連載中 / オリジナルインストアルバム「Up and Down」発売中。Kawasaki ZX-14Rに乗って走り回ることが大好きな人。ブログとYouTubeを通して情報発信をして、バイクに乗りたいと思うきっかけ作りをしたい。