富士山へ続く道志みちのライダーの休憩スポット『道の駅どうし』




どうも!バイク乗ろうぜの慎也です。

 

東京在住の俺はツーリングといえばよく富士山へ行っています。

413号線の道志みちを走って、富士山へ抜けるルートは定番となっていますが、途中に丁度良い休憩スポットの『道の駅どうし』があります。

 

休日になると多くのライダーが集まるスポットでもあります。

今日はそんな道の駅どうしの紹介をします!

 

この記事は

  • 富士山へ行ってみたいけど休憩ポイントはどこ?

そんなあなたに向けて書いています。

 

スポンサーリンク

 

道の駅どうし

道の駅どうしは富士山へ向かう道志みちの休憩スポットとして知られ、休日には多くの観光客やライダーが集まります。

旧車もあれば最新のバイクもあったり、展示会かと突っ込みたくなるくらいのバイクがいます(笑)

 


道志みちはほぼ一本道なので迷うことなく来れると思います。

 

バイク専用の駐車場もあります。

この日は寒いのでちょっとば言うは少なめでしたが、春から秋になるととんでもない数のバイクがいます。

 

バイク業界が不景気なんて嘘だったんや…

 

トイレもあるし、お土産の販売、食堂があります。

 

湧き水なんかもありますね。

 

裏手には小川が流れています。

 

山梨の名産だったり、野菜などが販売されています。

 

休日には出店なんかもあったりします。

どうしの豚を使った豚串や豚汁なんかも販売しています。

 

時期になると川魚の塩焼きなんかも販売していたりと、地元の食材を使った料理が堪能できるのは良いですね!

この豚串なんかついつい食べてしまいます。

 

豚串は600円、豚汁は200円ですが、セットで買えば600円で買えるので100円お得ですね!

 

食堂にはカレーやパスタ、他にもそばやポトフなどが販売されています。

クレソンが有名みたいですね。

 

初めてカレーを食べたのですが、辛口のルーにじっくり煮込まれば野菜たち。

スプーンを入れるとホロリと崩れて美味しく頂くことができました。

 

オススメです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

そんなに大きな道の駅ではありませんが、富士山へ行くとなると行きか帰りのどちらかでついつい寄ってしまうポイントです。

ただ休日になると多くのバイクで溢れかえるので、10台以上のバイクでマスツーの休憩ポイントにしてしまうと、バイクを停めるのが大変かもしれませんね。

 

バイク専用駐車場があっても足りないくらいです。

俺は基本的にソロツーなのであまり困りません(笑)

 

ぜひ東から富士山へ向かう際は、道志みちを走って『道の駅どうし』へ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

 

それでは!

スポンサーリンク







YouTubeでモトブログ配信中!

文章じゃお伝えできない情報や感動をZX-14Rに乗りながらYouTubeにて動画でお伝えしています。

ツーリング先の情報や、バイクに乗りたい!と思うような動画を配信しています。

 

バイク乗ろうぜというチャンネルで配信中!

気に入ったらチャンネル登録してね!

 

2 件のコメント

  • お疲れ様です。
    相模原住みなので、走りたくなったらとりあえず道志か宮ヶ瀬かみたいな所があり、それがまた逆に行かなくなる理由にもなったり。
    この時期は山道の日陰部分は凍結してることもあるので、十二分に気をつけないといけませんね。

    寒い時には、途中にある紅椿の湯で温まり、宴会場で軽くご飯を食べて、体が冷えきる前に帰宅するのが密かな楽しみです。
    道志から富士山にかけてのルートは、温泉施設も多いので、時間があればハシゴしてみるのも楽しいかもしれません。
    最後にほったらかし温泉にいって、高速使って帰宅もいいかも。
    動画もブログも更新大変でしょうが、また楽しみにしております。

    • いつも素通りしてしまいますが、冬場は温泉を楽しむのもいいですね。今度やってみます^^動画もブログもなかなか時間はかかりますが、楽しいので続けられるって感じですね。ありがとうございます!頑張っていきます^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    田﨑 慎也

    バイク乗ろうぜ管理人。プロギタリスト兼WEBライター。Kawasaki ZX-14Rに乗って走り回ることが大好きな人。あなたが「バイクに乗りたい!」と思うような景色や風景、そして情報をお届けします。