冬のツーリングの寒さと手汗対策にはGOLDWINのインナーグローブが最適




どうも!バイク乗ろうぜの慎也です。

 

冬のツーリングは手がめっちゃ冷えますよね。どんなにいいグローブをしていても、冷気にさらされて冷たさが伝わってくるし…それでも手汗はかくし…

手の周りは過酷な状況ではありますが、寒さ対策でインナーグローブを付けると少しはマシになるかもしれませんよ。

 

今日は今まで使ってみたインナーグローブの中で、一番良かったGOLDWINのインナーグローブをご紹介します。

寒さ対策と手汗対策にオススメです。

 

この記事は

  • インナーグローブで何かいいものないかなと探している
  • 冬の寒さを少しでも軽減したい
  • 手汗をかくから冷えて辛い

そんなあなたに向けて書いています。

 

 

スポンサーリンク

 

GOLDWINのインナーグローブ

こちらが俺の今の所一番のお気に入りのGOLDWINのインナーグローブになります。

お気に入りポイントが3つあるので紹介していきますね。

 

GOLDWINのインナーグローブの3つの良いところ

生地自体に厚みがあるので暖かい

バイクって走行中は常に風にさらされていますよね。そのため手に冷気がガンガン伝わってくるんです。

生地はなるべく厚ければ厚いほど冷気の伝わりは遅くなり、保温性にも優れていますしね。

 

バイクを降りて散策する時の手袋にも使えそう。

 

耐久性もそこそこある

インナーグローブって各社から出ていますけど、生地が薄手のものが多いです。

生地が薄いと操作性が良いことが多いのですが、耐久性が難ありなんですよね…

 

どこのメーカーとは言いませんが、試しに買ってみたインナーグローブは買ってから3回目くらいで縫い目が破けました。生地自体が薄いので、縫合箇所も弱いんですよね。

 

しかもグローブって乱暴に扱われることも多いし、細かい手の動きに対応したり、風にさらされたりと過酷な環境なので痛むスピードも早いです。

GOLDWINは何度か使ってみましたが、耐久性は問題なさそうです。

 

手汗対策にも完璧

手汗が原因で冷えてしまうことも非常に多いんです。バイクに1時間乗った後に休憩して、またグローブをはめた時に手汗で濡れてると不快感もありますしね。

汗による不快感も解消できますし、手が冷えるスピードが随分と変わります。

 

ちなみに、俺がインナーグローブに求めるものは手汗対策です。なぜかというとヒーテックという電熱グローブを使っているため、手の寒さ自体はさほど問題にはなりません。

それより洗濯できない電熱グローブに直接汗が染み込むことの方が問題です。電熱じゃなくても冬グローブは洗濯しにくいものも多いですよね。だけどインナーグローブなら気軽に洗濯をすることができます。

 

下着と同じような考え方ですね。

 

GOLDWINのインナーグローブの2つの悪いところ

実際に使ってみて微妙だなって思った点も2つご紹介しますね。

 

厚みがあるため冬グローブのサイズによっては窮屈

GOLDWINのインナーグローブは厚みがあるため、サイズをぴったり合わせたグローブをお使いの場合入らないかもしれません。仮に入ったとしても窮屈感を感じるかと思います。

 

俺の使ってる電熱グローブは大きめに作られていて、単体で使うとぶかぶかに感じるんですよね。それがGOLDWINのインナーグローブと組み合わせるとちょうどぴったりになるので、なかなかの厚みです。

 

もしあなたがお使いのウインターグローブがぴったりサイズであれば、GOLDWINのインナーグローブはおすすめしません。

もしくは店頭で試着してからのご購入をおすすめします。

 

操作性は期待できず

手の感覚って思った以上にシビアで、薄手のインナーグローブを一枚挟むだけでも操作性はガクンと下がります。

このGOLDWINのインナーグローブは生地に厚みがあるため、操作性は期待してはいけません。

 

とはいえ、冬はタイヤも温まりにくいし、峠を攻めたりとシビアな状況で走るようなこともないのでがっつり操作性を期待する必要もありませんが。

寒くて手がかじかんで動かないよりはよっぽどマシです。

 

操作性と暖かさはトレードオフなところもあるので割り切って使うのがいいですね。

 

ちょっと脇道に逸れますが、HEATECHの電熱グローブに薄手のインナーグローブを使うと中で滑ってしまうんですよ。

グリップを握ってアクセルをひねると、HEATECHの中の素材とインナーグローブの相性が悪いとズルズル滑ります。

 

おかげでアクセルを握る手に余計な力が入って疲れてしまいます。

なのでHEATECHをお使いの方であればこのインナーグローブはおすすめします。

 

特にサイズがインナーグローブをはめてからぴったりだと全く滑りません。

 

HEATECHの記事はこちら

最強の電熱ウェア「HEATECH」は真冬の0℃のツーリングでも快適だ!

2017年11月30日

 

スポンサーリンク

 

まとめ

GOLDWINのインナーグローブのいいところと悪いところを紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

個人的には冬の手汗をかいたグローブの中に、再度手を入れた時の不快感を軽減できることが一番のメリットかなと思います。

 

足で言えばくつ下みたいなものですからね。

 

電熱グローブとの相性も非常に良いのでしばらく使っていこうかなと。

もしあなたも冬の寒さ対策と手汗対策にぜひGOLDWINのインナーグローブを試してみてはいかがでしょうか?

 

あなたのバイクライフの助けになれば嬉しいです。

それでは!

 

 

こちらの記事も人気です



YouTubeでモトブログ配信中!

文章じゃお伝えできない情報や感動をZX-14Rに乗りながらYouTubeにて動画でお伝えしています。

ツーリング先の情報や、バイクに乗りたい!と思うような動画を配信しています。

 

バイク乗ろうぜというチャンネルで配信中!

気に入ったらチャンネル登録してね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

田﨑 慎也

ギターとバイクとブログの人。Blog & YouTube「バイク乗ろうぜ」/ エイ出版社「BikeJIN WEB」連載中 / オリジナルインストアルバム「Up and Down」発売中。Kawasaki ZX-14Rに乗って走り回ることが大好きな人。ブログとYouTubeを通して情報発信をして、バイクに乗りたいと思うきっかけ作りをしたい。