最強の電熱ウェア「HEATECH」は真冬の0℃のツーリングでも快適だ!




どうも!バイク乗ろうぜの慎也です。

 

真冬のツーリングって空気が澄んでて気持ちがいい反面、めちゃくちゃ寒くて指がちぎれるんじゃないかと思いますよね。

ガタガタと寒さに震えながら休憩中に飲むコーヒーなんかが楽しみでもありますが、真冬に快適に走ることができる電熱ウェアを導入したら、真冬のツーリングが快適になりました。

 

厚着もしなくていいし、革ジャン着れるし、気温差に悩むことがなくなるほどでした。

最強の真冬の電熱ウェア「HEATECH(ヒーテック)」のインナージャケットとグローブを導入して、気温0℃の中走ってきたのでレビューします!

 

この記事は

  • 真冬のツーリングを少しでも快適にしたい
  • 本当は冬も乗りたいけど寒さが理由でバイクを冬眠させる

そんなあなたに書いています。

 

 

 

スポンサーリンク

 

最強の電熱ウェア「HEATECH」

今回導入したのがインナージャケット7Aとスポーツカーボングローブです。

バイクのバッテリーから直接電源を取るタイプのもので、バッテリーの残量を気にすることなく使用することができます。

 

今までの防寒はライダー自身がウェアを着込んで空気の層を作って体温を逃がさないという考え方だったのですが、電熱ウェアは電気の力で熱を発生させてライダーを直接暖めるという考え方にシフトしています。

 

で、実際に使ってみると、これがめちゃくちゃ暖かいんですよ!

インナージャケットに関しては弱でも暑いくらい。

 

初めて電源を入れた瞬間コタツの中に入っているような感覚でした。

コタツの中から頭を出して、バイクに乗っているイメージですね。

 

どれだけ寒くてもぬくぬくと幸せにツーリングをすることができます。

 

寒さのせいでバイク乗りは不便を強いられる

バイク乗りってなぜか体育会系なところがありますよね。

「バイクは寒さに耐えて乗るものだ!」みたいな(笑)

 

そういう根性論は分からなくはないのですが…

 

寒いもんは寒いんですよ。

 

どれだけ厚着をしても、結局は冷気が伝わってきて寒いですもん。

もっと寒さに耐えれる装備になったらどんどん着膨れしていくし…そうなると動きにくいし…

 

そして山の気温に合わせた装備だと出発時は暑いし…

山に入ったらインナーを着ようと思ったら荷物は増えるし…

 

真冬のツーリングって全然快適じゃないんですよね。

でもヒーテックが全ての問題を解消してくれました。

 

真冬のツーリングの目的って、寒さに耐えて乗ることじゃないんですよ。

目的は楽しくバイクに乗って、安全に家に帰ることなんですよ。

 

寒さに耐える根性論は俺は不要だと思っています。

 

インナー1枚、ヒーテックのジャケット1枚、革ジャン1枚だけで十分なほど暖かいです。

寒くなったらヒーテックをオンにすればいいし、太陽が昇ってきて暖かくなってきたらオフにすればいいんです。

 

いちいちインナーを脱いで…グローブ交換して…また着て…なんてことをする必要はありません。

マジでヒーテック最強です。

 

ヒーテックの説明

気温0℃の中走っても寒さを感じず、着膨れもしなくてすむというのは最強のメリットですね。

個人的には冬装備って嫌いだったんですよね。もこもこするしかっこ悪いし…

 

そしてどれだけ頑張っても結局寒いし。

そんな悩みをヒーテックが解消してくれました。

 

ヒーテックはジャケット、グローブ共にいたってシンプルな操作になっています。

バッテリーにケーブルを接続して、ボタンを長押しすることにより電源が入ります。

 

色で熱の強さを調整しており、赤が強、オレンジが中、緑が弱という3段階で使用することができます。

 

さらにヒーテック同士ならインナージャケットとグローブを接続することが可能です。

配線の取り回しがめんどくさいのが電熱なので、少しでも取り回しを楽にできるのは素晴らしいです。

 

ジャケット7A

ジャケットは7A、3.5A、1Aの3種類があります。

 

ざっくり分けると

  • 7A:大型などの発電量が大きいバイク用
  • 3.5A:400ccくらいの中型バイク用
  • 1A:原付などの発電量が少ないバイク用

に分けられます。

 

バイクの発電量によって使えるものは変わってきますので、詳しくはヒーテックのホームページ、もしくは問い合わせまで聞くことをお勧めします。

 

俺が買ったのは7Aのものですが、一言で言うと爆熱です。

弱でもクッソ熱いので、中や強にして使うことはできません(笑)

 

そして意外だったのが、ヒーテックのジャケット単体でも結構暖かいです。

防風素材になっているので、熱を逃がさない作りになっています。

 

電源をオンにしなくても、案外寒さを感じないのには予想外の収穫でした。

バイクを降りて電源をオフにした時にめちゃくちゃ寒いんじゃないかと思ったんですけど、意外と平気…でもないけど思ったより寒くないってところは地味にいいポイントです。

 

俺の身長は184cmで体重74kgなのですが、サイズはLでした。

あまりぶかぶかで切ると、ヒートパネルが折れ曲がって危険なのと、温かさが伝わりにくいのでぴったり目を選ぶといいみたいですね。

 

個人差はあるとは思いますが参考になればと思います。

 

気温0℃の中を走ってもまっっっったく寒くないです。

 

正直なところバイクのバッテリーに優しい3.5Aでもよかったかなーって思います(笑)

 

スポーツカーボングローブ

グローブにもいくつか種類はあるのですが、こちらはプロテクターが付いたスポーツタイプのグローブになります。

インナージャケットに比べたら発熱量は大したことはありません。

 

噂によると、前のモデルは熱すぎて火傷をした人がいるらしいです…

どんだけ熱いんだよ…

 

気温0℃の中走っていても寒さは感じません。

ほんのり暖かいくらいです。

 

しかし、電熱無しで真冬の高速道路を1時間走ると手がかじかんできて痛みを感じるレベルです。

それを考えるとほんのり暖かいというのはすごいメリットだなと。

 

真冬のツーリングが快適です。

 

スポンサーリンク

 

ヒーテックのデメリット

やはりいいところばかりではなく、もちろんデメリットもあります。

実際に使ってみてちょっとここは…って思ったところをお話しします。

 

走り出しがめんどくさい

いつもだったらバイクにまたがって、グローブをつけて、エンジンをかけて発進だったのが、手間が増えてしまいます。

ジャケットの配線をバイクからの配線とつなげて、ジャケットからの配線をグローブとつなげて、スイッチを各種長押しして電熱をオンにして…

 

これがまあめんどくさいわけですよ。

 

1人でツーリングに行くならいいんですけど、マスツーなどで友人や仲間と走る時は電熱をつけていない人を待たせてしまいます。

先日行ったツーリングがまさにマスツーだったので、ちょっとばかし迷惑をかけてしまいました。

 

洗濯に気を使う

インナージャケットは一応手洗い可なのですが、中にヒートパネルと配線が通っているので洗濯にめちゃくちゃ気を使います。

通電しなければ濡らしてもある程度は問題はありませんが、配線を切ってしまったら終わりですからね…

 

それがちょっとめんどくさいなーって思います。

 

冬でも汗はかきますし、バイクに乗ると排気ガスや砂埃などでなんだかんだ汚れます。

普通のインナーだったら洗濯機に放り込むだけで済みますが、電熱ウェアは毎回洗濯に気を使います。

 

グローブに至っては洗濯不可です。

 

なので俺は走り終わって帰ってきたらファブリーズをして、空気清浄機の上に乗っけて乾燥させています。

洗濯可能なグローブが発売されないかな…

 

グローブの操作性がイマイチ

冬グローブはどれも操作性はイマイチなのですが、ヒーテックも例外じゃないです。

比較的柔らかい素材を使ってはいますが、スポーツ走行はしにくいかと思います。

 

移動用のグローブと割り切った方がいいですね。

 

余談ですが、手汗をかくので試しにインナーグローブをつけて、ヒーテックのグローブをはめてみたのですが、結果は最悪でした。

インナーグローブとヒーテックのグローブの接する面で滑ってしまうんです。

 

滑ると余計な力が入ってしまうので、スロットルを回す右手が特に疲れます。

なのでインナーグローブは使わない方がいいかなと。

 

どうしてもというなら手のひらに滑り止めがついたインナーグローブを探して使うと、少しはマシになるかもしれません。

 

グローブがでかい

ヒーテックの公式ホームページに「日本人の標準体型に合わせました」って書いてあるんですけど、それはないかな…

グローブがやたらとでかいです。

 

ある程度の大きさは必要だとは思いますが、指の長さに対しての横幅が大きいです。

指の長さに合わせてグローブを買うとかなり大きめになってしまいます。

 

俺の場合は指の長さで合わせるとXLサイズ、幅で合わせるとLサイズです。

個人差がある部分なのでなんとも言いにくいですが、電熱なのでもう少しスマートなグローブがあるといいなと思います。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

微妙だなって思った点も正直に全部書きましたが、そのデメリットを全部ひっくるめてヒーテックは買いです。

気温の変化が激しい山間部、市街地、海沿い…どんな環境にも適応できるウェアです。

 

寒くなったらオンにすればいいし、暑くなったらオフればいい。

オフにしても暑ければジャケットの前を少し開ければ冷たい風が入ってきます。

 

電熱ウェアのおかげで、夏のツーリングより快適になりました。

寒さが原因でバイクを冬眠させていた人だったり、冬でもガンガン走り回りたい人にとっては最強のアイテムです。

 

最強のアイテムを着て、真冬でも走り回ろうと思います!

 

動画でもレビューしてますので、良かったらこちらもご覧になってください。

 

あなたのバイクライフの参考になれば嬉しいです。

それでは!

 

スポンサーリンク







YouTubeでモトブログ配信中!

文章じゃお伝えできない情報や感動をZX-14Rに乗りながらYouTubeにて動画でお伝えしています。

ツーリング先の情報や、バイクに乗りたい!と思うような動画を配信しています。

 

バイク乗ろうぜというチャンネルで配信中!

気に入ったらチャンネル登録してね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください