街中でもオシャレに着れる高機能革ジャン!KUSHITANIのマイスタージャケット




どうも!バイク乗ろうぜの慎也(@ShinyaGuitar)です。

 

バイクに革ジャンって最高の組み合わせですが、革ジャンって重くて動きにくかったり、雨に弱かったり、他にもメンテに気を使ったりしますよね。だけど軽くて柔らかくて、水に強くて動きやすい革ジャンがあるんです。そして何より街中で着れるくらいオシャレ。

俺のお気に入りで、春から着ている革ジャンのKUSHITANI『マイスタージャケット』のレビューです。

 

この記事は

  • 街中でオシャレに着たい
  • 軽くて動きやすい革ジャンがいい
  • 雨でも気にしたくない

そんなあなたに向けて書いています。

 

KUSHITANI マイスタージャケット

クシタニってレース用のスーツやグローブ、そしてライディング用のジャケットなどの革製品に強いブランドなんですけど、そのクシタニの最高級の革ジャンのマイスタージャケットです。フッ素加工された革を使用し水を弾き、染み込みを防ぎます。

 

袖口は水カキ仕様で風を入れたいときは開けて、防風したい時は締められます。開けたら結構風が入ってくる。

 

裏地はチェック柄になってて見えないところもオシャレ仕様です。

 

マイスタージャケットを半年着用してみて感じたこと

使い始めのメンテナンスが必要ない

革ジャンって使い始めに汚れが革に染み込むのを防ぐためにメンテナンスをするのが一般的なのですが、この革ジャンは使い始めにメンテナンスしなくても大丈夫です。クシタニの方に「これって使い始めに何のクリームを塗ればいいですか?」と聞いてみたところ「何もしなくても大丈夫です」との回答が。

決して安くはないお値段ですが、その言葉を信じて半年使ったのですが全然大丈夫。革用のクリームも撥水スプレーも塗っていません。帰ってきた時に着いた虫とかを拭いただけ。1年くらい着たらインナーの汚れなどもあるでしょうからクリーニングに出してあげたいなーとは思いますが、ほぼメンテナンスフリーってのは楽でいいですね。

 

革ジャンってエージングが進んで風合いが変わっていくのが良いところでもありますが、基本的にめんどくさがりの俺にとってはやっぱりおろそかにしちゃいがちなんですよね。特にバイクなんて、排気ガスにホコリ、雨や泥など汚れる環境でしかありません。

そんな環境だけでもサッと拭くだけで良いってのは衝撃的でした。

 

水に強い

革ジャンを着てる時に急な雨が降ると、それだけでもう絶望的じゃないですか。その日のツーリングは気持ち的に終わりというか。せっかくの革ジャンで一張羅なのに雨に濡れて縮んだとか、シミになったとか聞く話です。トイレで手を洗う時み水が跳ねることだってありえます。そんなことを気にするなら合皮の方がいいんじゃないかなーって思ってしまうほどです。

 

だけどマイスタージャケットは水濡れなんか一切気にする必要はありません。

 

マイスタージャケットはフッ素加工をした革を使用しているため、水に強いんです。実験的に洗面所で水で濡らしてみました。革ジャン好きにとってはあまり見たくない光景ではありますが、綺麗に水を弾いています。

 

そして拭きとったらこんな感じ。革が濡れた形跡が一切ありません。マイスタージャケットに水が全く染み込んでいないんです。

 

ツーリングをしていると急な雨なんてザラです。雨具を持ってても、高速道路なんかでその瞬間に着れない時だってあります。雨が降る可能性がある時はテキスタイルのジャケットで…ってのも悪くないですが、やっぱり革ジャンが着たいんです。そんな革ジャン好きには本当にオススメができるジャケットです。

 

街中でも着れるくらいオシャレ

マイスタージャケットはとにかくオシャレな革ジャンです。バイクウェア特有の強そうな感じというか、威圧感が全くありません。なんならオシャレなアパレルの店に置いてありそうなデザインです。

 

俺は基本的にはツーリングに行く時に着ていますが、近くのショッピングモールに映画を観に行くときに着たり、これでお買い物をしています。中にソフトプロテクターを抜けば普段着でも全然着れちゃいます。まあ、プロテクター抜くのめんどいし、買い物とかに行く時はプロテクター入れたまま着てますけどね。

 

素材が柔らかいのでライディングの邪魔をしない

バイクに乗ることを考えてライディングの動きを妨げないように、マチを作ったりはもちろんなのですが、マイスタージャケットは革の素材自体がすごく柔らかいんです。

革は馴染むまで固いとか、少しずつ体に合わせてフィットさせていくなんてことはする必要がありません。着た瞬間に体にフィットします。袖を通したら「これ最高ですね」って思わず口にしてしまいましたもん。

 

まるでテキスタイルのジャケットかと思うくらい柔らかい。ていうかテキスタイルより、マイスタージャケットの方が馴染みます。まあテキスタイルには違った良さがあるのですが、ここまで革ジャンが柔らかく作れると固い、重い、着心地が悪いなんていう革に対する悪いイメージは無くなりそうですね。

 

ファスナーの革ヒモがヘルメットに当たる

グローブをした手でもファスナーの開閉をしやすいようにつけられていると思うんですけど、これがなかなか曲者なんですよね。上まで閉めてバイクで走ってると、風にあおられてヘルメットにバシバシ当たるんですよね…それがなかなかヘルメットの中に響くという。

それがちょっと微妙だなーと思いながらも簡単に取り外せるので、外してしまおうかと考え中。でもこれもオシャレポイントだったりするから悩ましい。

 

まとめ

ライディングウェアによくある革ジャンのごっついイメージは皆無で、とってもオシャレで普段着でも使える革ジャンがマイスタージャケットです。そして革ジャンのデメリットを全て解消した高機能の革。本当に最高の革ジャンです。

革ジャン好きにはぜひ一度袖を通してもらいたいなって思いますもん。

 

動画でもレビューしているのでよかったらこちらをご覧ください。

 

スタッフの方に聞いたらもうあまり在庫がないそうですが、ぜひ見かけたらチェックしてみてください。KUSHITANIの商品ページはこちら

バイク用から普段着まで使える高機能のレザーを使用したクシタニのマイスタージャケット。あなたのウェア選びの参考になれば嬉しいです。それでは!

 

こちらの記事も人気です



YouTubeでモトブログ配信中!

文章じゃお伝えできない情報や感動をZX-14Rに乗りながらYouTubeにて動画でお伝えしています。

ツーリング先の情報や、バイクに乗りたい!と思うような動画を配信しています。

 

バイク乗ろうぜというチャンネルで配信中!

気に入ったらチャンネル登録してね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

田﨑 慎也

ギターとバイクとブログの人。Blog & YouTube「バイク乗ろうぜ」/ エイ出版社「BikeJIN WEB」連載中 / オリジナルインストアルバム「Up and Down」発売中。Kawasaki ZX-14Rに乗って走り回ることが大好きな人。ブログとYouTubeを通して情報発信をして、バイクに乗りたいと思うきっかけ作りをしたい。