ニーグリップが滑らずバイクのホールド感が増すバイク乗りの理想のデニム




どうも!バイク乗ろうぜの慎也(@ShinyaGuitar)です。

 

バイクに乗るときのパンツは理想でいえば革が一番。だけどそんなに気負いたくないし、もっとカジュアルにおしゃれにバイクに乗りたい。

そんなあなたに最高のデニムをご紹介します。これカジュアルに着こなしてバイクに乗りたいライダーにとって理想のデニムだと確信するレベル。

 

デニムのカジュアルさと、革の機能性を両立したクシタニのエクスパンドライダースパンツをご紹介します。

 

こちらの動画でも紹介していますので、ぜひ良かったらご覧になってください。

 

この記事は

  • デニムのカジュアルさと気軽さがいい
  • 革の機能性は本当は好き

そんなあなたに向けて書いています。

 

 

KUSHITANI エクスパンドライダースパンツ

KUSHITANIのエクスパンドライダースパンツは耐摩擦性能に優れたCODURAを使いつつ、ストレッチ素材を使用した細身のデニムです。

まずこの時点で最高ポイントなのですが、まずはこのデニムの全体像を…

 

最大の特徴は内膝の部分にエグザリートレザーと呼ばれる革をセットしたことです。

これにより減速時にニーグリップをしても前に滑りません。

 

内股にもシートが滑りにくいようにエグザリートレザーをセット。これマジでニーグリップが滑りません。(2回目)

ほんとびっくりするくらいバイクに乗るのが快適になります。

 

むしろニーグリップが効くのが面白くて峠で遊んでたら筋肉痛になりました。関係あるか知りませんが。

 

そして足元はファスナーを取り付けて細身にパンツとしても使えるし、ファスナーを上げるとブーツカットにもできます。

スタイルによって使い分けるのもいいですね。

 

全体的なおしゃれポイントとして、ところどころに革を使ったりと見た目も機能性も優れたパンツになっています。

さて、全体の説明をしたところでこのパンツの良いとこ悪いとこを解説していきます!

 

 

エクスパンドライダースパンツの2つの良いところ

バイクのホールド感が増す

さっきちょっと触れた、内膝にエグザリートレザーをセットすることにより、バイクのホールド感が増してバイクの扱いやすさが最高に良くなりました。

ちょっとしたコーナーでも膝がタンクをがっちり掴んで支えてくれるので、すごく楽に曲がることができます。今まできっと滑るから気づかないうちに変な力が入ってたんだろうなって思います。

 

ツナギでバイクに乗ってる時に近いホールド感。

街乗りでもバイクをホールドできるとこんなにも違うのかと驚きました。

 

そして、普通のデニムだと絶対に悩ましいのが、減速時にニーグリップが滑って前に行ってしまうこと。これがほぼ無くなります。

 

エグザリートレザーはクシタニのツナギにも使われる革で、レーサーが使うレース用のツナギにも使用されています。

耐水性にも優れ、俺らみたいな一般ユーザーでも簡単に洗濯をすることが可能です。デニムを洗う時と同じ感覚でいいからすげー簡単。

 

あ、ちなみにデメリットってほどじゃないのですが、デニム自体の色落ちがすごいので一番最初の洗濯は単体で洗った方がいいです。

パンツを触ってたら手に青の染料が付いたので色落ちすごそうだなと思ったら、案の定洗濯機の水は真っ青…

 

スリムなシルエット

エクスパンドライダースパンツはびっくりするくらい細身のパンツです。

だけどストレッチ素材が入っているので、今までのクシタニのデニムに比べて多少は融通がききます。

 

ここまで細いと履きにくい…って方もいるかもしれませんが、パンツが細いことによるメリットが2つあります。

 

まず1つめが風によるばたつきがなくなることです。

バイクは常に風を受けて走る乗り物ですが、服が風でばたつくと想像以上に体力を持っていかれ疲労が蓄積されるんです。

 

だけど細身のパンツを履くと、その疲れがかなり軽減されます。

 

ライジャケはタイトなものを選んだとしても、パンツはダボっとしたものをついつい選んでしまう人もいるかもしれません。

そんな人にはぜひ一度細身のパンツの快適さを体感してほしいなって思います。

 

そして2つめ。シルエットが細く見えてスタイルが良く見えるんです。

エクスパンドライダースパンツはデニムの素材にCODURAを使っているのですが、今年からストレッチ素材を混ぜることが可能になったそうです。おかげでタイトな形にしても、バイクに必要な運動量が確保できたと。

 

スキニーとまではいかなくても、かなり細身でタイトなパンツを作ることができるようになりました。

 

よくやってしまいがちなのが「足が太いから隠すためにダボっとしたパンツを履く」ことです。

これって逆効果で、かえって足が太く見えてしまいます。

 

実は俺は昔剣道をやってたせいか案外太ももが太くて、実はそんなにスラッとしたスタイルじゃないんですよね。

それがずっと嫌だったんですけど、今はそれを隠さずあえてスラッとしたパンツを好んで履いています。そっちの方がスタイルが綺麗に見えるんです。

 

話がちょっと逸れそうですが、自分のスタイルにあまり自信がない人はあえて細めのパンツを履くと案外いいかもです。

 

ちなみにパンツのサイドに入っている黒のラインは足を長く見せる効果がありますよ。

こういう小洒落た仕掛けがにくいですねー。

 

 

エクスパンドライダースパンツの気になるところ

ずり上がってくる

バイクに跨ったら少しパンツが上がってくるじゃないですか。股に食い込むまではいかないでも、裾なんかは確実に上がってきます。

バイクから降りると普通は元に戻るのですが、細身でストレッチ素材を使っているためか上がったままになることが多いです。

 

なのでバイクから降りるたびにパンツを修正しています。それがちょっとめんどくさいかな。

まあささやかなことではありますが、レースと違ってツーリングユースではバイクに乗ってばかりじゃなくて、降りた時のことも考えなければいけませんからね。

 

細身で背が高い人は要注意

これは数が限られるとは思うのですが、細身で背が高い人は裾の長さに注意してください。

エクスパンドライダースパンツは3サイズがあって、股下がMが約86cm、Lが約88cm、LLが約90cmとなっています。股下はこれだけあれば十分って思うかもしれませんが、バイクに乗るとステップに足を乗せるためひざが曲がったり、シートにまたがるためどうしても裾が上がってきます。

 

俺は身長が184cmでLサイズでぴったりで立っている分には何にも問題ないのですが、バイクに乗るとほんの少し股下の丈が短いなって思いました。

同じクシタニのデニムの、エクスパンドコーデュラデニムはサイズに関わらず股下90cmあるのでちょっと羨ましかったり。

 

LLを履けば問題ないのでしょうが、今度はウエストなどが合わないという。

もし細身で背が高い方がこの記事を読んでいたら、裾は確認した方がいいかもしれませよ。

 

もう少し股下が長かったら俺にとって完璧なデニムだったのに…

とりあえずはブーツインを中心に色々試そうかなと。

 

まとめ

バイクにとって必要な運動量と耐久性を備え、革の機能を取り入れて、見た目もおしゃれなエクスパンドライダースパンツは、カジュアルにバイクに乗りたいライダーにとって理想のパンツだと確信しているくらいお気に入りのパンツです。

 

スリムな作りになっており、ところどころにアクセントにも革を取り入れていて、オシャレさも兼ね備えています。

そして何よりバイクのホールド感が増して、バイクが扱いやすくなったことにびっくりです。もう1本欲しくなるくらいです。

 

マジでびっくりするくらいバイクの感じ方が変わりますよ。ぜひ機会があったら試してほしいと素直に思うほど。

ぜひこちらのKUSHITANIのエクスパンドライダースパンツのページもご覧になってください。

 

こちらの動画でも紹介していますので、ぜひ良かったらご覧になってください。

 

あなたの豊かなバイクライフの参考になれば嬉しいです。それでは!

 

こちらの記事も人気です



YouTubeでモトブログ配信中!

文章じゃお伝えできない情報や感動をZX-14Rに乗りながらYouTubeにて動画でお伝えしています。

ツーリング先の情報や、バイクに乗りたい!と思うような動画を配信しています。

 

バイク乗ろうぜというチャンネルで配信中!

気に入ったらチャンネル登録してね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

田﨑 慎也

ギターとバイクとブログの人。Blog & YouTube「バイク乗ろうぜ」/ エイ出版社「BikeJIN WEB」連載中 / オリジナルインストアルバム「Up and Down」発売中。Kawasaki ZX-14Rに乗って走り回ることが大好きな人。ブログとYouTubeを通して情報発信をして、バイクに乗りたいと思うきっかけ作りをしたい。