1人でツーリングに行って楽しいの?いや、ヒトツーこそ究極のバイクの楽しみ方だ!




どうも!バイク乗ろうぜの慎也です。

 

俺はよく1人でバイクに乗って走り回ってます。

友人に「1人でバイクに乗って何が楽しいの?さみしくないの?」って聞かれることもあるくらいです。

 

余計なお世話ですね。

 

楽しいから走ってます。

土日のツーリングスポットはマスツーがほとんどで、仲良く走っている姿を横目に見ながら楽しそうだなと思う反面、1人はすごく自由だなって思います。

 

マスツーが嫌いというわけじゃないんですけど、やっぱ1人の方がなにかと融通がきくんですよね。

 

そしてバイクは自由な乗り物で、誰にも縛られたくないという想いがあります。

そこで今日は1人でバイクで走る通称ヒトツーの魅力をお話しします。

 

この記事は

  • 1人でバイクツーリングはハードルが高く感じる
  • 1人でバイクに乗ったことがない

そんなあなたに向けて書いています。

 

スポンサーリンク

 

1人でツーリングをする5つの魅力

誰にも縛られない自由

もともと俺は集団行動がそんなに好きじゃないというのがありますが、1人でツーリングをすると誰にも縛られません。

 

普通はマスツーって

 

「何時にどこどこ集合ね」

「ルートはここにしよう!」

「お昼は何時にここで食べよう」

 

っていうクソめんどくさい決め事がたくさんあります。

マスつーで詳細を決めなくてもいい状況って、気のおけない友人と少数でツーリングする時くらいじゃないでしょうか。

 

しかしヒトツーはどこに行こうが、どの時間に行こうがあなたの自由です。

「待ち合わせ時間に遅れそうだから急がなきゃ」なんて思わなくていいし、「ペースが合わなかったらどうしよう」なんて心配をする必要もありません。

 

そもそも仕事で人に合わせて、歩幅を合わせて仕事をしているのに、何でプライベートまで人に合わせなきゃいけないんだって思います(笑)

 

あなたの好きな時間に、好きなペースで自由気ままに走れるのがヒトツーの大きな魅力です。

 

バイクと会話する

いつもの峠に行った時、バイクとフィーリングを合わせることがとっても大事です。

峠を走った時のタイヤの感触、サスの沈み具合、空気感…

 

マスツーは他人と会話、ヒトツーはバイクと会話をしているんです。

 

「喋り相手がいないから寂しいんだよね」なんて声を聞きますが、バイクと会話をすればいいんです。

 

それにマスツーに付き物の、休憩時の他人のくだらない話が終わるまで待つ必要もありません。

興味のない会話に付き合う必要なんかありません。

 

バイクはあなたが走り出したい!って思った時に、きちんと応えてくれますよ。

 

旅先の出会い

この写真は宮ヶ瀬湖でハルヒの人形を展示(?)してる人です。

写真撮ったら「こいつ最高だろ?」って言わんばかりのアイコンタクトをされました(笑)

 

ヒトツーを長くやっていると、ツーリング先で人に話しかけられることが多いです。

よくいるナンシーさん(そのバイク何ccって聞いてくる人!)や、バイク好きなお兄さん。他のライダーなど。

 

もしかしたら二度と会うことはないかもしれませんが、一期一会も悪くありません。

 

スポンサーリンク

 

知らない道の発見

峠を走っていると脇道がたくさんありませんか?

でもマスツーだったらルートを変更なんてほとんどできません。

 

1人はぐれたら大変なことになります。

他の参加者さんにとっても迷惑をかけてしまうので、脇道に入るのはグッと我慢…

 

でもヒトツーはそんなことを気にする必要なんかありません。

行く先はその時の気分ですから。

 

気になった道に入って出会う絶景ほど気持ちのいいものはありません。

予期していない出会いですからね。

 

たまにダートに入って涙目で走ることもありますが(笑)

でもそういう失敗も笑い話だし、全てがバイクライフの一部になります。

 

バイクは本当に自由な乗り物なので、その時の気分で行きたいところを走るのが最高に気持ちがいいです。

 

最悪行かなくてもいい

最後はこれです(笑)

朝起きて「なんか体がだるいな」って思ったら最悪行かなくてもいいんですよ。

 

気が乗らない時に、無理にバイクに乗る必要なんかありません。

たまにはバイクにゆっくり休んでてもらってもいいんです。

 

部屋の掃除や別のことに時間を使うのもあなたの自由です。

午後になって「バイクに乗りたくなってきたぜ!」って思ったら乗ればいいんですから。

 

ヒトツーには乗ることすらあなたが決められる最高の自由があります。

ヒトツーを強制されることなんて一つもありません。

 

まとめ

いかがでしたか?ヒトツーの5つの魅力を解説しました。

 

知らず知らずにマスツーの雰囲気に流されて、バイクを乗ることを強制されていたら本当に楽しくなくなりませんか?

 

バイクは自由な乗り物です。

誰かに縛られずに走ることができる乗り物です。

 

1人ということは最大の自由を選択できるということです。

 

マスツーもマスツーで確かに楽しいことはたくさんあります。

だけど、ヒトツーこそが最もバイクを楽しめると俺は思います。

 

もしあなたがヒトツーに高いハードルを感じていたり、ヒトツーに行くことをためらっていたら、ぜひヒトツーにチャレンジしてみてください。

今までとは違う景色やバイクの表情が見れるはずです。

 

ぜひ豊かなバイクライフを送ってください。

それでは!

スポンサーリンク







YouTubeでモトブログ配信中!

文章じゃお伝えできない情報や感動をZX-14Rに乗りながらYouTubeにて動画でお伝えしています。

ツーリング先の情報や、バイクに乗りたい!と思うような動画を配信しています。

 

バイク乗ろうぜというチャンネルで配信中!

気に入ったらチャンネル登録してね!

 

4 件のコメント

  • YouTubeでチャンネル登録させて頂いてます!
    慎也さんのバイク愛とても共感します❤︎
    私は昨年5月から白のCBR600RR PC40に乗るまだまだ初心者ライダーですが、好きな時に行きたい所へ自由気ままに走るのが気楽でいいですね!
    初心者ってのもあるので周りに気を遣ってしまうのかもしれませんが‥‥
    バイクと話しながら走ってるの自分だけかなって思ってたからこの記事読んでメッチャ嬉しかったぁ(≧∇≦)唯一たった一人のバイク友達が慎也さんの動画見て18年モデルの14R購入しましたよ❤︎
    3月11日にカワサキコーヒーブレイク浜松に行く予定ですが慎也さんは来られませんか?
    是非お会いできたら嬉しいです

    • 井上さん

      ありがとうございます!バイクは自由気ままに走れるのは本当に素晴らしいことですよね。
      初心者ライダーさんとのことですが、周りをしっかり見つつ、ご自身のペースで走ればいいと思いますよ。

      14R嬉しいですね!最高のバイクなのでぜひ楽しんでくださいね(╹◡╹)

      3/11のKCBMは今の所行く予定ですよ!
      ツイッターでも告知をしたり、当日の動向をツイートする予定なのでぜひそちらでも絡んでいただけると嬉しいです(╹◡╹)

  • こちらの記事がかなり共感したので思わずまたコメントさせて貰いました!私は主人と二人ツーリングが一番気兼ねなくて好きな走り方です☆しばらくマスツーリング体験しましたが話も合わない上に休憩も長くて、一回寄ると30分はタバコスパスパ…………私達は吸わないので待ってる間はかなりの苦痛でした。旅は決めずに好きなように走りたいので前々からどこそこの店!ルートはこれ。高速バンバン……………合わせるのが辛くて最近思い切って抜けました。今は軽やかです。いろいろ抜けるにあたって嫌な思いもしましたが……いつもコメント入れさせてもらってますがあまりに共感したので(^^;またソロツーリング動画楽しみにしています!

    • 気兼ねなく走るのが一番気持ちがいいですよね。走りのペースはもちろんですが、休憩なども本当に大変だなって思います。プライベートな時くらい自由に走りたいですよね。趣味で嫌な思いをするのも変な話ですし。自由に好きな人とバイクを楽しみましょう!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください