山口県の絶景角島大橋と秋吉台のカルスト台地を駆け抜ける【九州ツーリング2017最終日】




どうも!バイク乗ろうぜの慎也(@ShinyaGuitar)です。

 

6日目は高千穂峡と阿蘇のミルクロードを堪能し、ついに九州ツーリング最終日の7日目になりました。1週間近くも走り回った九州ツーリングももう終わり…寂しいですね。今日を最後にフェリーに乗って東京へ戻ります。

山口県のツーリングの名所である角島大橋と、広大なカルストを走ることができる秋吉台という2つの絶景ツーリングルートを紹介をします!

 

 

九州ツーリングまとめ記事はこちら

 

 

山口県ツーリング

角島大橋

山口県にある角島大橋は日本一の橋として有名で、死ぬまでに一度は行きたい場所として第3位に選ばれるほどの絶景です。

 

昔SUZUKI SWIFTのCMでB’zのDIVEという曲を使っていて、曲が気になってテレビを観ていたらあまりの景色の綺麗さに見とれてしまいました。それ以来ずっと行きたかったところで、やっと来ることができました。

 

近くの小高い丘から角島大橋を見渡すことができます。

 

まるでミニチュアのような景色が広がります。

 

本当に美しい…やっと来れたぜ…

 

感無量です…

 

橋の途中に車を停められる場所があります。

 

まっすぐ伸びた橋が美しい。

 

この日は一日天気予報は悪かったのですが、奇跡的に角島大橋に着いた時に晴れてくれた…奇跡か!

風は弱く、海がエメラルドグリーンに輝いており最高の角島大橋を堪能しました。

 

また来るぜ角島大橋。

 

 

秋吉台

秋吉台は山口県にある日本最大のカルスト台地です。

フェリー乗り場がある北九州にも平尾台というカルスト台地はあるのですが「角島大橋も行くしどうせなら秋吉台だろ!」ってことで、秋吉台に行ってきました。

 

阿蘇とはまた違う雰囲気の景色が広がっています。

角島大橋の時より雲が出て若干雨に降られましたが、あまりの美しさに思わず見とれてしまいました。

 

どこまでも美しい緑が広がっています。

 

秋吉台展望台もあり、上に登って景色を眺めることができます。

望遠鏡もありました。

 

展望台のすぐ横には秋吉台ジオパークセンターという休憩所。

この中でコーヒーやソフトクリームを食べながら休憩をすることができます。

 

この日はカフェラテを注文。暑かったので冷たいカフェラテが身体に染み渡ります。

 

欲を言えば秋吉台は晴れた日に来たかったですが、こんな写真が撮れたので曇りも悪くないかなと思ったり。

 

 

新門司港へ

角島大橋と秋吉台を満喫し、東京行きのフェリーに乗るために新門司港へ。

 

この日乗るフェリーは東九フェリーのどうごです。

門司〜徳島〜東京の3つの都市を結ぶフェリーです。

 

バイクに東京の紙を貼ります。

 

前に九州ツーリングをぼんやり考えていた時に値段を調べた記事があるのですが、門司から東京まで29,400円でした。

バイクも運べて、さらに船上でのんびりとした時間を過ごせることを考えたら安いものですね。

 

船上でビールを片手に出港です。

こちらにオーシャン東九フェリーの船内紹介の記事を書いたのですが、新造船でフェリーの設備がとても綺麗で快適な船旅をすることができました。

 

 

まとめ

そして無事に帰宅。7日間に渡る九州ツーリングが終了しました。総走行距離が3115.2kmです。よく走ったなー!

この日は福岡から山口県まで走り、角島大橋、そして秋吉台と回り、フェリーでのんびりと船の旅を楽しみました。

 

YouTubeに映像をアップしていますので、もし興味があればご覧になってください。

角島大橋と秋吉台の絶景も観ることができますので、少しでも雰囲気が伝わればと。

 

 

山口県は九州ではありませんが、福岡と隣の県。そして最高のツーリングスポットがあるということで九州ツーリングに行く際はぜひ山口県も視野に入れてみてください。

 

九州ツーリングまとめ記事はこちら

 

それでは!

 

本日のルートはこちら

こちらの記事も人気です



YouTubeでモトブログ配信中!

文章じゃお伝えできない情報や感動をZX-14Rに乗りながらYouTubeにて動画でお伝えしています。

ツーリング先の情報や、バイクに乗りたい!と思うような動画を配信しています。

 

バイク乗ろうぜというチャンネルで配信中!

気に入ったらチャンネル登録してね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

田﨑 慎也

ギターとバイクとブログの人。Blog & YouTube「バイク乗ろうぜ」/ エイ出版社「BikeJIN WEB」連載中 / オリジナルインストアルバム「Up and Down」発売中。Kawasaki ZX-14Rに乗って走り回ることが大好きな人。ブログとYouTubeを通して情報発信をして、バイクに乗りたいと思うきっかけ作りをしたい。