ZX-14RのマフラーをDELKEVICへ交換しました




どうも!バイク乗ろうぜの慎也です。

 

バイクで見た目も実用性も大きく変えるカスタムといえばマフラー交換ですよね!

ずーっと変えたいなとは思ってはいたのですが、マフラーって良いお値段するのでちょっと手を出しにくかったんですよね。

 

今回マフラーを交換することになったので、交換手順と音の比較をしていこうかなと!

 

この記事は

  • マフラー交換を自分でやりたい
  • ノーマルとの音の違いを知りたい

そんなあなたに向けて書いています。

 

スポンサーリンク

 

DELKEVICマフラー

ご好意で群馬県にお住いの遠藤さんという方からDELKEVICのマフラーを譲っていただきました。

同じZX-14Rに乗られているのですが、別のマフラーに変えてしまったのでもう使わないとのことです。

 

ありがとうございます!本当に嬉しいですね!

 

マフラー交換ってバイクでは初なんですよね。

昔ZOOMERに乗ってた頃はマフラー交換とかしてましたけど、まあ4stの原付なんでそんな大きな効果は実感できず。

 

なのですげー楽しみです!

 

マフラー交換手順

まずはタンデムステップ近辺のボルトを外します。

真ん中のボルトは裏から別のナットで固定してあるので、工具で両方から挟み込むと外れます。

 

このヒートガードはタンデムを頻繁にするのであれば付けておいた方がいいですね。

タンデムの人のかかとがマフラーに付いて、靴底が溶けてマフラーに付いて落ちない…

なんてことがあるみたいです。

 

ステップの近辺にあるボルトを外します。

このボルトは右側にしかありません。

 

これも裏から別のナットで付いていますので、先ほどと同じように工具で挟み込んでください。

 

エキパイ付近のボルトなんですけど…こいつが固着していて強烈に固いです。

CRCのような潤滑剤を吹き掛けながらやりましたが、本当に固くめちゃくちゃ苦戦しました。

 

もはや力技で外しましたが、どうしても外れない場合はバイク屋さんでやってもらった方がいいですね。

精度の低い工具を使うとすぐにボルトの頭をナメます。

 

俺は左側をダメにしました…

どうしても水やら泥やらを浴びてしまう箇所なので、すぐに錆びついてしまうんだと思います。

 

あとは順番にはめて、クランプを締めてあげれば交換は完了です。

スリップオンであれば交換は簡単ですね。

 

両サイド交換が完了しました。

めちゃくちゃスッキリしましたね!

 

ノーマルマフラーがこんな感じなので、印象がめちゃくちゃ変わります!

まあこの波動砲が打てそうなマフラーも嫌いじゃないんですけどね。

 

ステンレスのマフラーがいい感じです。

 

スポンサーリンク

 

DELKEVICのメリット

軽量化

バイクに限らず、レースの世界で軽さは正義というくらい軽量化のメリット大きいみたいですね。

まあ公道でレースは関係ないですが、公道においても軽量化の恩恵はとても大きいです。

 

旋回や、コーナーがめちゃくちゃ楽です。

そしてスタンドを払って、バイクを起こす時に感じるバイクの重さが全く違います。

 

特にZX-14Rみたいな激重マフラーで、車体も激重だと取り回しも非常に楽になります。

1日中走り回ったりすると楽になったことを実感しました。

 

峠なんかでも小回りが利くようになるので、峠の走行が楽になります。

 

サウンドがカッコいい

ノーマルマフラーの音量は好きなのですが、低音は少し足りないなという想いはありました。

DELKEVICは爆音マフラーではないので、良い感じに音量を足してくれます。

 

アクセルを捻る手についつい力が入ります(笑)

 

見た目の変化

マフラー交換は見た目にも変化をもたらしてくれます。

かっこいいマフラーがあれば、それに交換するとより自分好みになりますよね。

 

見た目と実用性の両方を兼ねるカスタムだなと思いました。

 

DELKEVICのデメリット

車検に通らない

DELKEVICのマフラーは公認マフラーではないので、車検には通りません。

2年に1度の車検の際にノーマルマフラーや、車検対応のマフラーに戻さなければいけません。

 

付けっけぱなしでオッケーなマフラーではないですね。

 

リアの再セッティングが必要

ノーマルマフラーから10kg近く軽くなったぶん、サスの調整をしないとリアが浮いているような感覚になります。

走ってみるとリアタイヤが全く接地していないような感覚になってしまいます。

 

本当にフワッフワしてるんで気持ちが悪いです。

近いうちにリアサスのセッティングしなくちゃ…

 

まとめ

DELKEVICのマフラーに変えて、正直なところ大満足です。

サウンドもかっこいいですし、何より車体の軽量化のメリットは大きいですね。

 

ZX-14Rの取り回しがめっちゃ良くなりました。

サスの調整は素人ですが、チャレンジしてみたい気持ちになりましたし(笑)

 

こちらの映像に交換の手順と、ノーマルマフラーとDELKEVICマフラーのサウンドの比較を入れています。

もしよかったら一緒にご覧になってください。

 

それでは!

スポンサーリンク







YouTubeでモトブログ配信中!

文章じゃお伝えできない情報や感動をZX-14Rに乗りながらYouTubeにて動画でお伝えしています。

ツーリング先の情報や、バイクに乗りたい!と思うような動画を配信しています。

 

バイク乗ろうぜというチャンネルで配信中!

気に入ったらチャンネル登録してね!

 

4 件のコメント

  • 初めまして 徐々に 仕上がってきましたね11月3日の昼間に 東八を走ってましたね 犬の散歩中に見掛けました
    慎也さんの動画を見始めたのは 東八を 走ってる動画を見てからです 新小金井街道と東八の近くが 自宅なもので 毎回楽しく 拝見してます 2000人登録者の時 自分もツーリングに 参加したかったです 仕事の都合で参加出来ませんでしたが
    次回があれば 参加したいです

    • あら!見られてたんですね!その日はオイル交換と撮影をしておりました。お近くにお住まいなんですね!また暖かくなったら企画をやると思うのでぜひご参加くださいね^^

  • はじめまして!主人と毎回楽しみに見させてもらってます!夫婦でリターンで乗ってます!しんやさんの動画は見ていて本当に楽しそうで私も見るとすぐに走り出したくなります!(*^^*)これからも沢山アップお願いします!(^o^)vカワサキバイクやっぱりカッコいい‼古いですが私もカワサキバイクですよ‼

    • カバマルさんはじめまして!いつも見ていただきありがとうございます!カワサキ乗りなのですね。嬉しいです^^これからもバイクに乗りたくなるような動画を作っていきますので、よろしくお願いします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    田﨑 慎也

    バイク乗ろうぜ管理人。プロギタリスト兼WEBライター。Kawasaki ZX-14Rに乗って走り回ることが大好きな人。あなたが「バイクに乗りたい!」と思うような景色や風景、そして情報をお届けします。