ZX-14Rにイカリングを取り付け!ヘッドライト周りのイメチェンカスタム




どうも!バイク乗ろうぜの慎也です。

 

先日LA LUMIEREさんへお邪魔して、ついにイカリングとデビルアイを取り付けしてきました!

前回お伺いした時にイカリングを見せていただいてからずーっと悩んでましたが、ついに取り付けを決意しました。

 

こちらの記事でもイカリングの種類の説明をしております。

 

ZX-14Rのヘッドライト周りをカスタムすると、印象がガラリと変わります!

今日はそんなイカリングとデビルアイをご紹介します。

 

この記事は

  • イカリングに興味がある
  • ヘッドライト周りのイメージを大きく変えたい

そんなあなたに向けて書いています。

 

スポンサーリンク

 

イカリング&デビルアイ装着

イカリングを装着するためにヘッドライト周りを全バラシします。

ここまでZX-14Rがバラされたのは初めて見た…

 

とりあえず…やるよね…

 

イカリング&デビルアイの装着完了です。

点灯していない状態でも目力がアップしております。

 

暗くなるのを待ってから、イカリング&デビルアイを点灯しました。

おおー!!!!かっこいいぞ…!!!!

 

BMWを見てかっこいいと思った記憶が蘇ります。

自分のバイクにイカリングを装着できているのがメッチャ嬉しいです!

 

そして、ハイビームの場所がぼんやり光っていますが、そこがデビルアイになります。

ハイビームの光源とは別の場所にLEDを仕込んでおり、対向車にも眩しくない光を照射してくれます。

 

光の色はスマホのアプリで変更することができるんです。

 

こちらはロービームを点灯させた状態での緑のイカリングです。

印象がガラリと変わりますね。

 

これは白のイカリングですね。

ポジションランプも色が変わっていますが、こちらは試作品のものみたいです。

 

リモコンで色の変更が可能なランプで、テストでつけさせていただいています。

まだ販売はしていないとのことです。

 

こちらは一眼レフのカメラで撮っていただいたものです。

スマホのカメラとはやっぱり違いますね!

 

そして、デビルアイの右目にはオリジナルのデザインを入れていただきました。

俺がデザインして、LA LUMIEREさんにラフ画から起こしてもらいました。

 

LA LUMIEREさんとのコラボをさせていただきました!

かっこいい…(自己満足)

 

余談ですが、バイク乗ろうぜのオリジナルステッカーのデザインの大元になります。

ここからまだ少しだけ進化させる予定です。

 

まとめ

ZX-14Rはロービーム、ハイビーム、ポジションランプの6灯なのですが、普段は4灯しか光らないのがすげーもったいないってずっと思っていたんですね。

しかし、今回のイカリングとデビルアイの取り付けにより、悩みが一気に解消されました。

 

さらにヘッドライト周りの印象がガラリと変わるため、インパクトは大きいのかなと。

車検に通るか?とか公道で使用できるか?などの疑問もあるとは思います。

 

別でイカリングとデビルアイについて解説している記事を書きましたので、良ければご覧になってください。

 

光り物のカスタムはめちゃくちゃセンスがいるとは個人的に思っているのですが、LA LUMIEREさんにお願いすれば間違いはありません。

 

ZX-14R以外にも隼やR25などのバイクにも、イカリングの取り付け実績はあるみたいです。

もしあなたのバイクに取り付けられるか興味があれば、ぜひ問い合わせをしてみてはいかがでしょうか?

 

親身になって相談に乗ってくれるので、オススメしますよ。

LA LUMIEREさんへのお問い合わせは以下のボタンから飛ぶことができます。

 

 

本当に大好きで、オススメのショップですよ。

それでは!

 

スポンサーリンク







YouTubeでモトブログ配信中!

文章じゃお伝えできない情報や感動をZX-14Rに乗りながらYouTubeにて動画でお伝えしています。

ツーリング先の情報や、バイクに乗りたい!と思うような動画を配信しています。

 

バイク乗ろうぜというチャンネルで配信中!

気に入ったらチャンネル登録してね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

田﨑 慎也

バイク乗ろうぜ管理人。プロギタリスト兼WEBライター。Kawasaki ZX-14Rに乗って走り回ることが大好きな人。あなたが「バイクに乗りたい!」と思うような景色や風景、そして情報をお届けします。