KUSHITANIの防水かつ軽量なアキュートジャケット




どうも!バイク乗ろうぜの慎也(@ShinyaGuitar)です。

 

KUSHITANIの冬用のスポーティーで軽量な冬ジャケット『アキュートジャケット』のレビューをします。

寒い冬に大活躍してくれたアキュートジャケットは気軽に羽織れて、なおかつ暖かい。そして付属で付いてくるインナージャケットがオシャレと汎用性を兼ね備えたお気に入りのジャケットです。

 

この記事は

  • 軽い冬用のジャケットが欲しい
  • 防水性能も欲しい

そんなあなたに向けて書いています。

 

スポンサーリンク

 

KUSHITANI アキュートジャケット

KUSHITANIのアキュートジャケットは、冬用のジャケットの中でも軽量でスポーティーに作られたモデルです。防水性能にも優れ、突然の雨にも安心です。

 

首元は襟が高めに作られており、防風性を高めています。

 

風が入りやすいファスナー部分も、きちんと防風対策を取られています。

ジッパー部分はグローブをしていても操作しやすいように、持ち手が大きめに作られているのがありがたい。

 

サイドや裾が風でバタつかないように、留め具を装着。裾からの冷たい風が入るのも防いでくれるので、留め具があるのとないのでは、大違いなんですよね。

もちろん腕周りにも同じように留め具があるのですが、ここはワンポイントで革を使用しており、ブラウンが差し色っぽくなっててオシャレ。

 

インナージャケット

アキュートジャケットにはインナージャケットが付属します。普通は他のメーカーだったらこの辺はコストダウンしたい部分だと思うんですよね。だけどクシタニは単体でも使えるレベルのジャケットです。

決して『おまけレベル』ではないクオリティー。こういうこと言うのはなんですけど、こっちの方がメインなんじゃないかなって思うんですよ。

 

サイドにはファスナー付きのポケットが。作りがしっかりしてて使いやすい。

 

中には親指を通して、ジャケットを着るときにずりあがらない配慮がされております。

個人的には親指を通してグローブをはめると気持ちが悪いので使わないのですが、こう言う配慮はめっちゃ嬉しい。

 

もちろんジャケットと連結させて使えるようにもなっております。アキュートジャケットの内側に輪っかが付いているので、通してボタンを留めるだけの簡単仕様。

 

例えば俺のお気に入りのレギューレータージャケットなんかのインナーにも使えるんですよ。

マーベリックジャケットみたいなタイトに合わせる革ジャンと合わせるのはサイズ的に厳しいかもしれませんが、余裕のあるジャケットであれば全然着れてしまいます。

 

この汎用性は反則です。

 

スポンサーリンク

 

実際の使用感

1時間程度の移動であれば全く寒くない

さてさて、実際の使用感ですが、アキュートジャケットは年末のクソ寒い都内の移動で大活躍をしてくれました。

 

ちょうど年末は夜中にバタバタと駆け回っていたのですが、気温2〜3度の夜の都内の移動が中心でした。

アキュートジャケットの防風性と、インナージャケットの保温性が相まって、インナーは普段着のロンT1枚だったのですが全然寒くありませんでした。

 

しかも軽量で動きやすいので、リュックを背負っても気にならないし、全然ライディングの邪魔になりません。

インナージャケットに至っては熱を溜め込むのが分かるレベルでした。リュックを背負っている背中がポカポカするなんて初めて。

 

冬用のテキスタイルジャケットはモコモコして動きにくいという印象だったのですが、アキュートジャケットを着たことにより動きにくいという概念が覆されました。

 

オシャレ

デザイン面の話になるのですが、革を使ったブラウンがスポーティーの中に、オシャレにワンポイントとして活躍してるなーって思います。

特に冬用グローブのクシタニのGP-ZEST WINTER GLOVESと相性が抜群にいいです。

 

きっとデザイン的に合わせて作られたと思うのですが、マッチしててにくいなーって。アキュートジャケットを着るときは、絶対このグローブ着けますもん。

ジャケットもグローブもスポーティーに作られているので操作性は抜群です。これでブルー系のデニムを履いたら最強にかっこいいんじゃないですかね。

 

ちなみにサイズ感なのですが、俺の身長が184cmで体重が74kgなのですが、サイズはLサイズです。

アキュートジャケットの袖丈が少し短く感じますが、ロングのグローブをしていれば気にならないレベルです。

 

タイトに着るとオシャレに見えるし、ワンサイズ大き目のものを着ると中にたくさん着込めるので保温性が増します。

この辺はお好みで選んでいただけたらと。

 

インナージャケットが単体で使用できるレベル

さっきもちょっと書いたんですけど、インナージャケットが最強に使いやすくて暖かくてかっこいいんですよ。バイクでは厳しいかもしれないけど、普段着で単体で着れるレベルの作りです。

 

普通インナージャケットって見えないし、暖かければいいやってことでデザイン性は無視したものだったり、コストダウンするのが普通だと思うんですよ。

だけどクシタニのインナージャケットはそれがない。むしろ金かかってんじゃねーか?ってくらい作りがしっかりしているし、デザイン性も優れています。買い物とかこれで行ってます。

 

アキュートジャケットは他のテキスタイルジャケットはもちろんですが、レギュレータージャケットみたいな革ジャンに合わせてもオシャレ。暖かいし機能性は抜群だし。

あれ。2枚分でこのお値段って考えたら激安なんじゃないか…

 

気になるポイント

個人的にアキュートジャケットを使ってみて気になった点がいくつかあるので解説していきます。

 

プロテクターが入っていない

アキュートジャケットに限った話ではないのですが、クシタニの冬ジャケットにはプロテクターが標準装備されていません。

お店のスタッフの方に聞いた理由としては、プロテクターにかかるコストをジャケット代に当てるようにしたとのこと。

 

だけど、ちゃんとプロテクターを装着できるようにはなっているので、夏用のジャケットから移植して使ってほしいとのこと。夏用のジャケットは冬には使わないので流用してほしいとのことでした。

 

確かにプロテクターが入っていないのもあって、このクオリティーでこの値段が実現できていると考えたらいいのかな…

でも俺はすげーめんどくさがりやなので、プロテクターを移し替えるという作業が嫌なんだよな…この辺は人それぞれかな…

 

お客様の中には注文時にプロテクターも一緒に頼む方もいるそうな。俺もそうすればよかった。

 

首回りが案外寒い

インナージャケットを着た上で、首回りのファスナーを一番上まで閉めた状態でも隙間風が入ってきます。

真冬に着るのであれば、ウインドストッパーもしくはネックウォーマーは必須かなと思いました。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

遠距離に行くのであれば、インナーまでしっかりと考えた方がいいですが、都内の移動みたいな街中を移動するのであればアキュートジャケット単体で問題なくクリアできます。

防水性能に関しては雨の中を走る機会がなかったので正確には分からないですが、少しくらいの雨は全然大丈夫だと思います。

 

2点ほど気になる点はありましたが、全体的に出来がいいテキスタイルジャケットだなと。

動きやすいし、軽量だし、見た目もスポーティーで若者も着られるし。ていうかインナージャケットがメインで買ってもいいんじゃないかなと思うくらいです。

 

ぜひお近くのクシタニの店舗に行って試着をしてみてくださいね。もしくはクシタニのWEBサイトか。

あなたのジャケット選びの参考になれば嬉しいです。それでは!

 

こちらの記事も人気です



YouTubeでモトブログ配信中!

文章じゃお伝えできない情報や感動をZX-14Rに乗りながらYouTubeにて動画でお伝えしています。

ツーリング先の情報や、バイクに乗りたい!と思うような動画を配信しています。

 

バイク乗ろうぜというチャンネルで配信中!

気に入ったらチャンネル登録してね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

田﨑 慎也

ギターとバイクとブログの人。Blog & YouTube「バイク乗ろうぜ」/ エイ出版社「BikeJIN WEB」連載中 / オリジナルインストアルバム「Up and Down」発売中。Kawasaki ZX-14Rに乗って走り回ることが大好きな人。ブログとYouTubeを通して情報発信をして、バイクに乗りたいと思うきっかけ作りをしたい。