操作性抜群な冬グローブ!KUSHITANI GP-ZEST WINTER GLOVES




どうも!バイク乗ろうぜの慎也(@ShinyaGuitar)です。

 

冬用のグローブって操作性が悪いと思うことはありませんか?冬も快適にバイクを楽しみたいのに、寒さ対策で厚手のものをつけなければいけないので、どうしても手の操作性が落ちてしまいます。

 

クシタニの冬グローブのGP-ZEST WINTER GLOVESは薄手で冬グローブとは思えない操作性のグローブです。

実際につけ心地や、どれくらいまでの寒さに耐えられるのか?をレビューしていきます。

 

この記事は

  • 快適な操作性の冬グローブが欲しい
  • スポーツライディングできるグローブが好き

そんなあなたに向けて書いています。

 

スポンサーリンク

 

KUSHITANI GP-ZEST WINTER GLOVES

KUSHITANIのGP-ZEST WINTER GLOVESは、冬でも快適な操作性を保つよう作られた冬用のグローブです。

内部の保温する素材にシンサレートというものが使われており、ダウンの1.8倍の保温力があるそうな。確かにこれだけ薄手でも割と暖かいもんな…

 

俺が使っている間に雨は降らなかったのですが、撥水機能も付いているみたいで突然の雨にも安心ですね。雨宿り場所を探す時間くらいは大丈夫かと。

冬の雨は死活問題なので、撥水機能はすげーありがたいです。

 

同じクシタニのアキュートジャケットをレビューしたときにも書いたのですが、革の使い方やデザインがおしゃれ。色の使い方や、プリントの仕方がすごく良いなーって。

ジャケットと合わせて綺麗にスタイルを決めることもできます。まじでアキュートジャケットとの組み合わせがお気に入りです。

 

手のひらには万が一転倒した時のことを考えて、しっかりとプロテクションが。転倒したときに真っ先に手をつくのが手のひらだからね。

 

指先にはスマホの操作が可能な電導皮革ってのを使っているらしいのですが…俺のiPhoneは全く反応しませんでした。

確かにWEBには一部のスマートフォンには反応しないって書いてるけどさ。それは残念かな。

 

クソ寒い外でなるべくグローブは取りたくないからね。

 

スポンサーリンク

 

GP-ZEST WINTER GLOVESの着心地

さて、実際のGP-ZEST WINTER GLOVESの装着した時のレビューですが、操作性自体はかなり良いです。

もちろん夏用のメッシュグローブとか、レーシンググローブのGPRグローブと比較しちゃいけませんが、冬グローブにしてはかなり良い方です。

 

保温素材にシンサレートを使っているためこの薄さを実現できたとのことで、科学の力万歳(笑)

 

秋などの気温の移り変わりが微妙なタイミングで、オールシーズングローブから冬グローブに変えた時ってすげー違和感あるじゃないですか。ウインカーとかのボタン操作もしにくいし。

だけどGP-ZEST WINTER GLOVESなら特に気にすることなく操作できるかなって。

 

あ、手汗をかく人はインナーグローブ推奨です。GP-ZEST WINTER GLOVESに限らず冬グローブは手汗の乾きが全体的に遅いものが多いです。薄手のタイプが1セットあると冷えをさらに抑えることができるのと、快適性が全然違いますよ。

 

GP-ZEST WINTER GLOVESはどれくらい暖かい?

いくら保温性に優れたシンサレートを使っているとはいえ、薄手にしたらやっぱり保温力は弱まるんですよ。

実際に今まで使った環境でまとめると、気温5度の夜の都内の移動であれば1時間程度なら全然平気です。ストップアンドゴーもあるし、ずっと走行風に晒されているわけではないので耐えられるレベルです。

 

じゃあ気温0度の高速道路はどうか?これはね、かなり寒いです。

最初はいいんですけど、やっぱり走ると冷えてきます。前に気温0度の高速道路を1時間走った時は凍えるかと思うくらいの寒さでした。

 

まあ、気温0度の高速道路って電熱じゃなければどんなグローブでも限界はありますけどね。

 

長距離の移動はあんまりオススメしないですね。

あとね、高速に乗ると分かるんですけど、手首が結構寒い。手首周りはサポーターなどで冷えないようにしたほうがいいかと。

 

個人的に使い道としては、街乗りであればこれ1つで全然いける。

ツーリング用途であれば、移動は厚手のグローブ、もしくは操作性を割り切って電熱グローブを使うのがいいんじゃないかと。

 

そして峠に着いたらグローブを付け替えて、思う存分バイクの操作を楽しむ使い方が理想かなーって思います。グローブの持つ得意分野を組み合わせて使うのが一番楽しめるかな。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

操作性に関しては最高レベルを誇る冬グローブかなと思います。割り切っているスタイルは嫌いじゃないです。

とはいえ、都内の移動などの街乗りであれば気温が一桁台でも耐えられますし、暖かさの基準は割と高いと思っています。

 

実際電熱持っててもGP-ZEST WINTER GLOVESばっかり使ってるし。

 

ぜひ快適なスポーツライディングができる冬グローブGP-ZEST WINTER GLOVESの良さがお伝えできたらなと思います。

あなたのバイク用品選びの参考になれば嬉しいです。それでは!

 

KUSHITANIのGP-ZEST WINTER GLOVESのページはこちら

 

こちらの記事も人気です



YouTubeでモトブログ配信中!

文章じゃお伝えできない情報や感動をZX-14Rに乗りながらYouTubeにて動画でお伝えしています。

ツーリング先の情報や、バイクに乗りたい!と思うような動画を配信しています。

 

バイク乗ろうぜというチャンネルで配信中!

気に入ったらチャンネル登録してね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

田﨑 慎也

ギターとバイクとブログの人。Blog & YouTube「バイク乗ろうぜ」/ エイ出版社「BikeJIN WEB」連載中 / オリジナルインストアルバム「Up and Down」発売中。Kawasaki ZX-14Rに乗って走り回ることが大好きな人。ブログとYouTubeを通して情報発信をして、バイクに乗りたいと思うきっかけ作りをしたい。