カジュアルに着こなせるフード付きのクシタニの革ジャン『レギュレータージャケット』をレビュー




どうも!バイク乗ろうぜの慎也(@ShinyaGuitar)です。

 

バイク乗りにとって革ジャンは安全面でも機能面でも相性が良いものです。だけど革ジャンってゴテゴテしすぎとか、レーサーみたいという声も分からなくはないです。

最近は若年層にも好評なカジュアルでフード付きの革ジャンなどが出てきました。

 

そんな中、クシタニが2018年に新作として出したレギュレータージャケットをレビューします!

街中でも着れてしまうくらいのカジュアルさと機能性を両立したジャケットです。

 

この記事は

  • ゴテゴテの革ジャンが嫌い
  • もっとカジュアルに気軽に着たい

そんなあなたに向けて書いています。

 

 

KUSHITANI『レギュレータージャケット』はカジュアルな革ジャン

革ジャンってどうしてもゴテゴテなイメージがありますよね。北斗の拳の世紀末の世界観だったり、レーサーみたいな雰囲気を醸し出してたり。

それらがかっこいいのも分かるんですよ。ライダースジャケットなんかは似合う人が着てたらかっこいいし、レースも好きでツナギなんかすげーかっこいいなって思います。

 

だけど、個人的には街中でそれを着たくない時もあったりします。ツーリング先でちょっと観光するときにいかにも僕バイク乗りなんですみたいな格好が、明らかに浮いてて恥ずかしいなって思ったり。

ていうかゴテゴテの革ジャンを着た人が集団でいるとなかなかの威圧感があります。

 

もっとシンプルに普段着みたいなのが良いな…って思う時もあるんですよ。

 

クシタニのレギュレータージャケットは最強にカジュアルな革ジャンです。

この革ジャンだったら電車の中とか全然平気。ていうかメンテナンスで横浜にバイクを預けた帰りに、これ着て都内を通って帰ったこともありますし。

 

フード付きで、最近バイク系のアパレルでは人気がある形です。

 

クシタニらしく革は非常に軽量でしなやか。テキスタイルのジャケットかと勘違いするくらいの着心地です。むしろ俺はテキスタイルより動きやすいんじゃないかと思うくらい、革が柔らかいです。

 

レギュレータージャケットの機能紹介

レギュレータージャケットは見た目はもちろんですが、バイクに適した機能性を兼ね備えています。

 

プロテクターはソフトタイプが入っており、めちゃくちゃ動きやすいし、プロテクターが膨らんで見た目がゴテゴテすることはありません。スマートに着ることができます。

 

デザインと機能性を両立しているこの長いファスナー。上半分がエアインテークで、下半分がポケットになっています。

ファスナーが片側に2つ付いているので、各機能を独立して使うことも可能です。

 

背中に前面から取り込んだエアーの出口があります。ファスナーで開閉が可能。ばたつかないようにセンターにはマジックテープを装着。

 

タンクに傷が入らないようにファスナー部分をガードするベロが付いてます。

 

首元までファスナーの裏には防風用に中に当ててあります。

 

中の風の巻き込みを防ぐためにベルトと連結するためのフックが付いています。

これは後で気がついたのですが、細かい部分まで考えられてれるなーって思いました。

 

フードがばたつかないように、内側で止められるようにマジックテープが付いています。

フードってバイクで考えるとどうしても風を受けてしまうものです。前傾姿勢のバイクに乗ると首が締まるんじゃないかな?って思ってたけど、この機能のおかげで大丈夫でした。

 

他にも袖口を絞るファスナーや、腰の絞りを調整するベルトなど、機能が満載です。

 

 

レギュレータージャケットを着て思ったこと

とにかく気軽に着れるから楽

個人的に革ジャンが好きで、他にもKUSHITANIのマーベリックジャケットなんかも持っているのですが、着心地も感覚としてもカッチリしてるんですよね。

確かにバイクの乗車姿勢を取った時にかっちり決まるので、それはそれで楽なんですけど、レギュレータージャケットはバイクに乗った時から降りた後まで楽に着ることができます。

 

近所の散歩に少し肌寒いからいつものパーカーを着ていくくらいラフな感覚で着れます。

見た目もカジュアルで観光もしやすいし、おしゃれ感をキープできます。

 

革のパンツよりも、デニムでバイクに乗るのが好きな方なんかには最適なジャケットなんじゃないかなって思います。

 

カジュアルなのに機能的

カジュアルに作られつつも。ちゃんとバイクのことを考えて作られているので、バイクに乗っていて不自由さが全くありません。

風圧でフードが膨らんで首が締まるなんてことはないし、エアインテークが使いにくいなんてこともない。革ジャンとしての防御力は高いし、プロテクターもしっかり入っている。

 

まさにオシャレと機能美が両立したジャケットです。

 

確かにライディングに特化して考えたらマーベリックジャケットの方が一枚上手だなと思います。

あっちは乗車姿勢が本当に楽だし、サイズもライディングのことを考えてジャストで選んだので、風によるばたつきは皆無です。

 

ただ、バイクのイベントに着て行ったり、現地で動き回るってことを考えるとレギュレータージャケットの方が気楽。それに東京〜大阪間を高速道路で移動しても全然楽にこなせるジャケットです。

 

まとめ

クシタニのレギュレータージャケットは革ジャンの機能性と、カジュアルさを兼ね備えたオシャレな革ジャンだなと。個人的にもお気に入りでずっと愛用しております。

人気商品であっという間に売り切れてしまったみたいですが、きっと人気なら2019年も生産するかな…?ぜひバイクウェアをカジュアルに着たい層にどんどんオススメしたいなって思います。

 

革ジャンなので使い始めや着た後にメンテナンスをすることにより長持ちしますし、長く着れるとコストパフォーマンスも上がります(笑)

 

カジュアルに着れる革ジャンがバイクのアパレルで流行り始めて個人的にはすごく嬉しいです。

ぜひ興味がある方はKUSHITANIのレギューレータージャケットのページをご覧になってください。

 

カジュアルな格好でバイクに乗りたい方に本当にオススメのジャケットです。

それでは!

こちらの記事も人気です



YouTubeでモトブログ配信中!

文章じゃお伝えできない情報や感動をZX-14Rに乗りながらYouTubeにて動画でお伝えしています。

ツーリング先の情報や、バイクに乗りたい!と思うような動画を配信しています。

 

バイク乗ろうぜというチャンネルで配信中!

気に入ったらチャンネル登録してね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

田﨑 慎也

ギターとバイクとブログの人。Blog & YouTube「バイク乗ろうぜ」/ エイ出版社「BikeJIN WEB」連載中 / オリジナルインストアルバム「Up and Down」発売中。Kawasaki ZX-14Rに乗って走り回ることが大好きな人。ブログとYouTubeを通して情報発信をして、バイクに乗りたいと思うきっかけ作りをしたい。