今日からあなたもモトブロガー!モトブログを始めるために必要な7つのもの




どうも!バイク乗ろうぜの慎也です。

 

これからあなたがモトブログを始めるために必要な7つのものを紹介します。

2017年7月現在で俺が使用しているものになりますが、GoProを使いたいという方にも参考になるかと思います。

 

ぜひモトブログの始め方の参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

この記事は

  • モトブログの始め方を知りたい
  • これからモトブログを1から始める

そんなあなたに向けて書いています。

 

スポンサーリンク

 

モトブログを始めるために必要な7つのもの

1.カメラ

俺はSONYのHDR-AS300を使用しています。

GoProではなくSONYを選んだ理由にも書きましたが、4Kが撮れる上位機種ではなく、ハイビジョンをあえて選択しました。

 

なぜ4Kを選択しなかったかというと、モトブログには以下の3つの理由から必要性がないからです。

  1. 4Kを編集するためにはマシンスペックが必要
  2. 4Kを視聴できる環境を持っている人が少ない
  3. YouTubeは1080p(フルハイビジョン)で十分

 

以上の理由から高価な上位機種ではなく、AS300を選択しました。

 

 

2.マイク

モトブログはヘルメットにカメラとマイクを取り付けて撮影します。

カメラからピンマイクを引っ張ってきて、ヘルメットの中に取り付けます。

 

SONYのカメラを使うのであれば、マイクはSONY製を強くオススメします。

なぜなら他のマイクを使うとノイズが発生して、映像が使い物にならないからです。

 

もし他のカメラを使うのであれば、モトブロガー御用達のバッファローが安くてオススメです。

 

SONYのマイクはサイズがちょっと大きいので、ヘルメットのノーズガードには挟みにくいです。

視界が狭まるのでオススメしません。

 

俺のマイクの設置位置はヘルメット内部の口元に、ウインドジャマーのスポンジを取り付けてマジックテープで貼り付けています。

ここだと鼻息も入りにくいですし、声もクリアに録音することができます。

 

鼻息がフンフン言ってるとマジで悲しい映像になりますので気をつけてください。

風防をつけると風切り音が軽減されるのでオススメ…というか必須です。

 

なるべく余計なノイズは減らしましょう。

 

もし半田付けなどができるのであれば、SENAのワイヤーマイクを流用できますので試してみてください。

 

3.MicroSDカード

SONYのAS300はMicroSDカードが必要になります。

 

64GBあれば1080p60fpsで約5時間撮影できます。

交換の手間が非常にめんどくさいので、俺は1枚で済ませてしまいます。

 

 

4.マウント

SONYであれば純正でヘルメットマウントがあります。

 

もしあなたが俺みたいにヘルメットのサイドが画面に映り込んで、景色が狭まるのが嫌であればこちらのマウントをオススメします。

あごマウントとサイドマウントの中間マウントです。

 

そして、ボール関節マウントというものを使用しているのですが、これめっちゃ便利です。

細かい向きや角度を微調整することができます。

 

モトブログってヘルメットにカメラをつけて撮影する性質上、平行だったり向きを調整しにくいんですよね。

しかしこのボール関節マウントを使って細かく微調整できるんで便利です。

 

GoProの部品を流用できます。

 

 

5.レンズカバー

ヘルメットにカメラをマウントするので、カメラ本体は非常に過酷な環境に置かれることになります。

バイクは高速で走るものなので、ゴミやホコリや虫など様々なものが飛んできます。

 

カメラのレンズが汚れたり、最悪傷が入ることがあります。

カメラにとってレンズは命です。

 

命であるレンズを守るためにレンズカバーを装着することを強くオススメします。

決してカメラも安くはないので、長くモトブログを続けるためにもレンズカバーは装着してください。

 

 

6.カメラへの給電方法

当たり前ですが、カメラ本体は電源がないと稼働しません。

カメラに電源を供給するためには

  1. バッテリー
  2. USB給電
  3. モバイルバッテリー

3つの方法があります。

 

バッテリー1本につき約1時間の撮影ができます。

1時間ってあっという間ですよね…

 

俺は撮影中にバッテリー切れと、バッテリー交換の手間がめんどくさいのでUSB給電を採用しています。

iPhoneの充電のためにUSBソケットを取り付けていたので使いました。

 

もしあなたのバイクにUSBソケットが付いていなければバッテリー運用、もしくはモバイルバッテリーを使用しましょう。

 

7.動画編集ソフト

凝った編集をするのであれば有料の動画編集ソフトの購入をオススメします。

だけど普通は動画の編集なんかやる機会ないですよね。

 

なので最初は無料のソフトをオススメします。

Windowsであればムービーメーカー、MacであればiMovieで十分です。

俺はiMovieを使ってモトブログを作っています。

 

動画編集の肝は構成と、不要なものを削除することです。

なのでスタートの時点は無料のソフトを使って、慣れてきて物足りなくなったら動画編集ソフトを購入しましょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

モトブログを始めるために必要な7つのものをご紹介しました。

再度おさらいすると

  1. カメラ
  2. マイク
  3. MicroSDカード
  4. マウント
  5. レンズカバー
  6. 給電方法
  7. 動画編集ソフト

の7つになります。

 

初期投資としてはちょっと高くなりますが、ぜひあなたもモトブログを始めて豊かなバイクライフを送ってもらえたらなと思います。

バイクで走っている動画を記録に残すのもすごく楽しいですよ。

 

ぜひモトブログを検討しているあなたの参考になったら嬉しいです!

それでは!

 

スポンサーリンク







YouTubeでモトブログ配信中!

文章じゃお伝えできない情報や感動をZX-14Rに乗りながらYouTubeにて動画でお伝えしています。

ツーリング先の情報や、バイクに乗りたい!と思うような動画を配信しています。

 

バイク乗ろうぜというチャンネルで配信中!

気に入ったらチャンネル登録してね!

 

13 件のコメント

  • こんにちは、暑いですね☀
    キャンプミーティング、お疲れさまでした(^-^)
    近い将来、中高年女性ライダーを元気つけたくモトブログを始めたいのですが、機械音痴だったり配線も苦手だったりで、自分で取り付けられるか不安ですけど、頑張ってみます!
    解りやすい説明を、ありがとうございます(^-^)/

    • こちらこそ参考になって嬉しいです!ぜひノンニャンさんのモトブログライフの参考になれば嬉しいです(╹◡╹)モトブログ楽しみにしてますね。

  • これからバイクに乗りながら動画撮っていけたらと思っているのですが機械にも詳しくないので質問したいです。
    カメラで動画撮影を終えたら携帯で編集しているのですか?
    またカメラからコードを繋いで携帯から編集をするんでしょうか?

  • 初めまして。
    ツーリング中のインカム通話と想い出を残したくてこちらに辿り着きました(*´∀`*)

    gopro7とas300を悩んでいましたが
    4Kは不要、
    音声はクリアなほうが良い
    コスパも考慮

    ということでSONYに軍配が上がりそうです。

    さて本題なんですが
    USB電源からの常時電源供給は可能でしょうか?

    あと
    ヘルメットサイドに付けるか
    ハンドルバーに固定するか
    悩んでおります。

    ハンドル周りならケーブル配線が楽そうという点。
    しかし!ライダー目線も捨てがたい!
    ヘルメットサイドだと常時給電は
    配線をどーしようか、、、。

    アドバイス頂ければ幸いですm(._.)m

    • 猫好きさん初めまして。

      AS300はUSBから給電しながら撮影は可能です。バッテリーが1時間程度しか持たないので、よく給電しながら撮影しております。
      ヘルメットサイドにマウントしていますが、ハンドル周りに取り付けたUSBからケーブルを引っ張って接続していますよ。

      バイクにもよるとは思いますが、1.2mほどあれば届くかと思います。
      あとはケーブルが運転の邪魔などにならないように気を付ければいいかと思います!

      ヘルメットマウントは目線の映像を残せるのでオススメですよ。

      • 返信ありがとうございます。

        やはりハンドル周りからですか。
        ハンドル周りに2個USB電源を付けてるので
        1つはスマホ用1つは録画用とするのが
        良さそうですね。

        これからも参考にさせていただきます!
        ありがとうございました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください