減速時にニーグリップが滑る!そんな対策にはSTOMPGRIPがオススメ




どうも!バイク乗ろうぜの慎也(@ShinyaGuitar)です。

 

バイクに乗っててしっかりとニーグリップをしても、ブレーキング時にお尻が滑って前にずるっと滑ることはありませんか?

特にデニムでバイクに乗ると減速時にしっかりとニーグリップをしても、デニムの素材のせいでズルズルと滑ることが多々あります。

 

きちんとバイクの乗車基本を守ってニーグリップをしてバイクに乗ってるはずなのに、結局は減速時に腕に負担がかかって疲れてしまう…

減速時に滑る悩みにオススメの、ニーグリップをしても滑らないSTOMPGRIPをご紹介します。

 

ストンプグリップの貼り方の解説をした記事も合わせて呼んでもらえたら嬉しいです!

 

この記事は

  • デニムでバイクに乗るとニーグリップが滑る
  • 減速時にしっかりとニーグリップをしても上体を支えられない

そんなあなたに向けて書いています。

 

 

スポンサーリンク

 

デニムでバイクに乗るとニーグリップがズルズルと滑る

バイクの乗る時の服装を考えた時に疲労軽減、安全性を考えたら革パンが最適なのですが、時にはカジュアルに乗りたい時もありますよね。革パンはメンテナンスも大変だし、雨に弱いという欠点もあります。

 

デニムの方がメンテナンスも洗濯も楽だし、気軽に着てバイクに乗ることができます。

 

だけどバイクによってはタンクの素材とデニムの相性が非常に悪いものもあるんですよね。

俺が以前乗っていたGSR400や、今乗っているZX-14Rなんかはデニムで乗るとニーグリップをしても減速時にお尻がズルズルと前に滑ってしまいます。

 

しっかりとニーグリップをしているつもりでも減速時に身体が前に滑ってしまい、最終的に身体を支えるために腕に力が入ってしまいます。

そして腕に力が入ってハンドリングに悪影響が出るという悪循環…

 

対策としては革パンを選べばいいのでしょうが、個人的にはおしゃれにバイクに乗りたいのもあってデニムにこだわっています。

そんなデニムライダーにオススメの、バイクにデニムで乗っても全然滑らないSTOMPGRIPという商品がありますよ!

 

STOMPGRIPを使ってみてのレビュー

感触

見た目からしていかにも滑らなさそう!

実際に乗ってみましたが、STOMPGRIPを使ってニーグリップが滑ることは絶対にありません。

 

しっとりとしたゴムのような感触で、表面のイボイボのおかげでデニムの素材にガッチリと食いつきます。

 

STOMPGRIPを取り付ける前にネットの評判を見ましたが、中には「イボイボが足に食い込んで痛い」という声も見ました。

しかし実際に乗ってみるとニーグリップをすることにより足が痛くなるなんてことはありません。おそらく薄い素材のデニムを選んだり、ハーフパンツで運転すると痛いのではないかと。

 

 

減速時に全く滑らない

STOMPGRIPを取り付けて初めてバイクの乗った時は驚きました。これが本当のニーグリップか!って感じです(笑)

 

今まで減速時に足と腕の両方に余計な力が入っていたのが、STOMPGRIPを取り付けてからは今までの半分の足の力で上体を支えられるようになったのですげー楽になりました。

 

特にZX-14Rのような前傾姿勢だとニーグリップをして上体を支えなければいけませんが、上体を支えるサポートをSTOMPGRIPがやってくれるので、バイクに乗るのが楽になります。

 

街中での信号での減速はもちろん、峠や高速道路のSAに入る時の減速時にも大活躍してくれます。

 

バイクと一体化するってのはこういうことなのかと、8年くらいバイクに乗ってきて初めて体感した気がします。

バイクを操るのが楽しくなりますね!

 

デニムへの攻撃性

摩擦が大きくなったことにより、衣類への抵抗力は増しているわけですからね。

ただSTOMPGRIPを貼らなくても、ニーグリップをすることによりタンクとの摩擦は起き、その度にデニムはすり減っています。

 

デニムがすり減ることを恐れて、減速時に毎回ニーグリップの無意味さを感じるより、デニムを多少犠牲にしてバイクと一体化する感覚を味わった方が、豊かなバイクライフを送れるんじゃないかなって思います。

 

※2019/1/19追記

1年ほど使用して思ったのが、デニムへの攻撃性は確かに高いです。特に膝にプロテクターが入っているタイプだとダメージを受けやすいのかなという印象です。

ただ、個人的には上記の意見と今も変わらずでズルズル滑るバイクより、パンツを1年で犠牲にしてでもバイクを快適に乗りたいと言う気持ちの方が大きいです。

 

スポンサーリンク

 

色はクリア?それともブラック?

STOMPGRIPにはクリアとブラックの2種類があります。

完全に好みではありますが、バイクの車体の色を活かしたいのであれば、クリアがオススメです。

 

トリコロールや淡い色なんかだとクリアがオススメですね。

 

俺みたいに緑のボディーにブラックのSTOMPGRIPを選択すると、良くも悪くも貼っている感が強く出ます。自己主張が強い感じですね。

赤などの濃い色だったらクリアもブラックもどちらも合うのではないでしょうか。

 

あとはクリアの方が気泡が目立つらしいので、気泡がカッコ悪いけど自分で処理をできる自信がないという方は、ブラックを選択するのもありでしょう。

完全に好みではありますが、参考になると嬉しいです。

 

まとめ

バイクと一体化できるカスタムパーツとしてSTOMPGRIPは最高にオススメです。

乗り心地がこんなにも変わると思っていませんでした。

 

デニムへの攻撃性はちょっと高いので欠点はありますが、個人的には最高のアイテムです。マジでニーグリップが滑らないし、バイクと一体感が増すのでSTOMPGRIP無しではZX-14Rに乗りたくありません。

それくらいオススメのアイテムです。

 

STOMPGRIPの貼り付けるのには若干のコツと思い切りが必要なので、貼り方を解説した記事も用意しています。

デニムでバイクに乗って、しっかりと減速時にニーグリップをしてもズルズルと滑ってしまうあなたにぜひ使っていただきたいアイテムです。

 

バイクライフがより豊かになりますよ。

それでは!

 

 

こちらの記事も人気です



YouTubeでモトブログ配信中!

文章じゃお伝えできない情報や感動をZX-14Rに乗りながらYouTubeにて動画でお伝えしています。

ツーリング先の情報や、バイクに乗りたい!と思うような動画を配信しています。

 

バイク乗ろうぜというチャンネルで配信中!

気に入ったらチャンネル登録してね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

田﨑 慎也

ギターとバイクとブログの人。Blog & YouTube「バイク乗ろうぜ」/ エイ出版社「BikeJIN WEB」連載中 / オリジナルインストアルバム「Up and Down」発売中。Kawasaki ZX-14Rに乗って走り回ることが大好きな人。ブログとYouTubeを通して情報発信をして、バイクに乗りたいと思うきっかけ作りをしたい。