不器用でもできる!ZX-14RへのSTOMPGRIPの取り付け方




どうも!バイク乗ろうぜの慎也です。

 

STOMPGRIPを取り付けるのはさほど難しくはないのですが、ちょっとしたコツだったり思い切りが必要でした。

せっかくなのでSTOMPGRIPのレビューだけなく、取り付けの解説をしていきます。

 

この記事は

  • STOMPGRIPの取り付けをやってみたい
  • 作業工程を確認したい

そんなあなたに向けて書いています。

 

 

スポンサーリンク

 

準備するもの

梱包がアメリカンって感じです(笑)

必要最低限って感じで嫌いじゃないです。

 

STOMPGRIPを貼り付けるためには、表面の脱脂をする必要があります。

家庭用の洗剤など何でもいいのですが、パーツクリーナーを使うのが安心ですね。

 

パーツクリーナーは1本あれば何かと使えるので、常備していてもいいですね。

 

 

STOMPGRIPの貼り付け手順

説明書

パッケージの裏には申し訳程度に説明書が付いています(笑)

 

貼り付ける面を脱脂

パーツクリーナーをタオルかウェスに吹きかけて、STOMPGRIPを貼り付ける表面を脱脂します。

この脱脂はかなり重要で、油分が残っているとそこから剥がれていってしまいます。

 

しっかりと脱脂をして貼り付ける準備を整えましょう。

 

いざ貼り付け

まずは位置合わせをします。

裏の粘着を剥がす前に、何となくの場所を決めてしまいましょう。

 

位置を決めたら、裏のシートを全部剥がすのではなく、端っこから少しだけ剥がして合わせていきます。

 

STOMPGRIPの端っこを貼り付けたら、少しづつシートを剥がして徐々に貼り付けていきます。

ブラックの場合はあまり気になりませんが、クリアだと気泡が残ると目立つらしいので、気泡が残らないようにしっかりと貼り付けていきましょう。

 

ZX-14RにSTOMPGRIPを貼り付ける場合、一番難しいのがこの部分です。

サイズが微妙に合ってないんですよね…(笑)

 

せっかくフィンの形に合わせて型を取ってるんだったら、せめてもっとしっかり合わせようぜ…

STOMPGRIPの素材は柔らかいので、貼りながら形を修正することは可能です。

 

ここも少しずつシートを剥がしながら、フィンに形を合わせて貼っていきましょう。

 

少しだけ歪んでますが、許容範囲内かな…

 

こちらは左サイド。

 

上から見たらこんな感じです。

左右にバランスよく配置されていれば完璧ですね。

 

貼り終えたら72時間放置

3Mの接着剤が固まるまで72時間かかると説明書に書いてありました。

固まるまでに変な力をかけると剥がれたり、動いてしまうみたいです。

 

なのでSTOMPGRIPを貼り付けたら、3日間はバイクに乗るのを我慢しましょう。

 

まとめ

STOMPGRIPを貼り付けるのに、特別難しい技術は必要ありません。

貼り方が分かっていれば、バイク屋に頼むほどのものでもないので、個人でも簡単に貼ることができます。

 

ちょっとしたコツと思い切りで貼っていきましょう。

 

STOMPGRIPを貼り付けて、乗ってみた感想なんかも記事に書いていますので、もし良かったらご覧になってください。

あなたの豊かなバイクライフの参考になったら嬉しいです。

 

それでは!

 

スポンサーリンク







YouTubeでモトブログ配信中!

文章じゃお伝えできない情報や感動をZX-14Rに乗りながらYouTubeにて動画でお伝えしています。

ツーリング先の情報や、バイクに乗りたい!と思うような動画を配信しています。

 

バイク乗ろうぜというチャンネルで配信中!

気に入ったらチャンネル登録してね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

田﨑 慎也

バイク乗ろうぜ管理人。プロギタリスト兼WEBライター。Kawasaki ZX-14Rに乗って走り回ることが大好きな人。あなたが「バイクに乗りたい!」と思うような景色や風景、そして情報をお届けします。