めっちゃ明るい!ZX-14RのヘッドライトをHIDへ交換しました




どうも!バイク乗ろうぜの慎也です。

 

ZX-14Rのヘッドライトは納車された時からずっと暗いなーって思ってたんですよね。

ただ明るいヘッドライトはHIDとLEDの2種類があって、色々と悩んでたので手を出していませんでした。

 

友人になんとなくヘッドライトの話をしたらZX-14RにLEDヘッドライトを入れても車検が通らないと聞いて、HIDを入れることにしました。

ヘッドライトのロービームをHIDに、ポジション球をLEDに変更したので交換手順と明るさの比較を解説します。

 

この記事は

  • ヘッドライトがハロゲンで暗い
  • HIDが気になっている

そんなあなたに向けて書いています。

 

スポンサーリンク

 

今回取り付けたHIDとLEDポジション球

HID

MINI2というHIDです。

値段もそこそこ安くて、バラストとバルブが一体化しているタイプです。

 

俺みたいな整備が素人でも配線の取り回しなどを気にせず、バルブを交換する感覚で簡単に取り付けることができるので楽チンです。

 

ZX-14RのロービームはH11という規格ですね。

前乗っていたGSR400はH4でしたし、バイクによって色々と違うので、ご自身で調べてみるといいですね!

 

 

ポジション球のLED

LEDは貰い物です(笑)

いっつもカスタムをそそのかしてくる友人にいただきました。

 

この辺りのLEDを買っておけば間違いないかなと思います。

 

 

ZX-14RのHIDへの交換手順

まずサイドのカウルを取り外します。

3点で止まっているので、外していきましょう。

 

ネジを外したら手で持っているところを引き上げながら内側へずらすと外れます。

 

外したらこんな感じです。

 

次にロアカウルを取り外します。

ここも3点で止まっているのですが、手前はネジで、残りの2つがロックビスのようなもので止まっています。

 

細いレンチなどで中心部を押してあげると外れます。

 

外した状態です。

奥側に押してあげると外れます。

 

余談ですが…ここのカウルを外したらトンボが出てきました…

多分九州ツーリングの時に入り込んだトンボだと思うんですよね…

 

山口県と鹿児島にトンボがいっぱいいたからな…

何が入ってるか分かんないので気をつけてください。

 

こちらがロービームのバルブです。

左に回すと取り外すことができます。

 

ここでHIDの配線をつなぐのですが、バルブの部分には素手で触らないようにしましょう。

手の脂が付いてしまい、HIDを点灯した時に高温になってしまうからだそうです。

 

軍手などを付けて作業すると安心ですね。

 

配線を繋いだら、しばらく空焚きというものを行います。

空焚きの時間はおよそ3〜5分程度です。

 

空焚きを行う理由は2つあるそうです。

 

1.HIDの動作チェック

全て取り付けた後に不良が発覚してしまったら手間が倍になるからです。

この段階で動作確認をすれば、元に戻すのも楽ですからね。

 

2.バルブの表面の油分を飛ばすため

バルブの表面に脂が付着してしまうことは多々あるそうです。

脂が付いたまま点灯すると脂が蒸発して油分がライトのユニット内に付着してしまい、曇ってしまうことがあるためです。

 

空焚きを忘れずに行いましょう。

 

バルブを入れる時の注意点なのですが、赤丸をした金具のサイズが若干違うのが分かりますか?

これ3点をしっかりと合わせないとバイクにハマりません。

 

俺はこれに気づかず5分くらい格闘してました(笑)

 

きちんと受け側を見て確認すれば、簡単にハマりますので、取り付ける前に必ず確認してくださいね!

 

空焚きも完了し、早速取り付けてみました。

 

ブログとモトブログ用にオッドアイで撮影してみました。

ハロゲンと全然違いますね!ここまで違うとは思わなかった(笑)

 

かっこいい…!

 

まだ点灯したばかりで色が緑色に見えますね。

時間が経てば白くなるので安心してください。

 

両方ともHIDに付け替えました。

左右の色が若干違いますが、時間が経てば白くなるので大丈夫です。

 

これでHIDの取り付けは完了です。

 

スポンサーリンク

 

LEDポジション球の交換

赤丸をした部分がポジションライトのソケットがはまっています。

左に回せば取れるのですが…

 

これめっちゃ固いんで注意してください。

俺はこいつのせいで怪我した…右手の親指を負傷…

 

取り外したら球が入っているので抜きましょう。

 

そしてLEDを挿します。

元の場所に戻す前に必ずこの状態で点灯確認をしてください。

 

LEDは+−の極性が分かりにくいので、点灯すれば正しい極性でついているということです。

もしキーをオンにして点灯しなかったら、LEDを逆にしてもう一度確認してみてください。

 

ポジションライトがLEDになると光が鋭くなるので、一気に引き締まりますね。

ハロゲンのぼやっとした光がシャープな印象へ変化しました!

 

かっこいいぜ!

 

ハイビームも点灯させるとなんとも言えない感じになりますね…

今回は実験的にロービームだけなので、ハイビームは今後考えようと思います。

 

ハロゲンとHIDの比較

こちらがハロゲンの光です。

少しオレンジっぽい感じですね。

 

こちらがHIDです。

随分と白っぽい光になりました。

 

実際に夜道を走ってみたのですが、HIDに変えたらめちゃくちゃ明るくなりました。

こちらの動画の最後の方で走行テストをしていますので、ぜひご覧になってください。

 

 

まとめ

HIDに変えてから夜道がめっちゃくちゃ走りやすくなりました。

明るさが桁違いだし、色味がシャープなのでみやすいんです。

 

ドレスアップと実用性を兼ねた最高のカスタムかなと思います。

 

ここまでカスタムしてから「車検ってハイビームだからロービームはLEDでも良かったんじゃね?」って思ったんですけど、まあHIDはLEDのヘッドライトほど高くないので手が出しやすいかなと。

それに入れてしまったらLEDでもHIDでもどっちでもいいですからね!

 

もしあなたがハロゲンで暗いと感じているのであれば、ひHIDへの付け替えをオススメしますよ。

それでは!

 

 

スポンサーリンク







YouTubeでモトブログ配信中!

文章じゃお伝えできない情報や感動をZX-14Rに乗りながらYouTubeにて動画でお伝えしています。

ツーリング先の情報や、バイクに乗りたい!と思うような動画を配信しています。

 

バイク乗ろうぜというチャンネルで配信中!

気に入ったらチャンネル登録してね!

 

2 件のコメント

  • ジジイ56の俗に言うリターンライダーです。昨年の5月に14Rを手に入れ、家族に内緒で乗ってます。楽しく拝見させてもらってます。今回、拝見したHIDと同じ物購入しました。取り付けはまだですが、これは中国製品なんでしょうか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    田﨑 慎也

    バイク乗ろうぜ管理人。プロギタリスト兼WEBライター。Kawasaki ZX-14Rに乗って走り回ることが大好きな人。あなたが「バイクに乗りたい!」と思うような景色や風景、そして情報をお届けします。