キャンプツーリング初心者だけど焚き火をしてみたい!激安焚き火台を買ってみた




どうも!バイク乗ろうぜの慎也です。

 

キャンプといえば焚き火です。

火を見つめながらお酒を飲む。

 

遠方へツーリングするときの宿泊手段として考えるならまだしも、一泊二日のキャンプツーリングであればキャンプの夜は豊かにしたいもの。

しかしキャンプ場によっては地面へのダメージを抑えるために、直火禁止にしているところもあります。

 

そんな場所で焚き火をするために必要なのが焚き火台。

キャンプ初心者が激安焚き火台を買ってみたのでレビューします!

 

この記事は

  • キャンプに行くなら焚き火をしてみたい
  • とりあえず何を買ったらいいか分からない

そんなあなたに向けて書いています。

 

 

 

スポンサーリンク

 

コンパクトで持ち運びに便利な焚き火台

YOLERというメーカーのコンパクトな焚き火台です。

Amazonにある焚き火台の中ではかなり安い部類に入ります。

 

最初にあんまり高いものを買って失敗しても嫌だなーと思ってとりあえず安いものに。

一度使ってみて焚き火はやっぱりめんどくさいとか、そもそもやっぱりキャンプ飯はカップ麺でいいや…ってなる可能性もなきにしもあらずですからね。

 

その辺は合う合わないありますからね。

基本的に値段が高い方が質は良いものが多いですが、新しいジャンルに挑戦して長続きするかどうか分からない場合は『とりあえず安いものを買ってみる』ってのもありだと俺は思います。

 

一度炭を入れて燃やしたらこんな感じになります。

買った時はピッカピカだったんですけどねー。

 

広げた時はA4のノートより少し小さいくらい。

 

YOLERの焚き火台の良いところ

手軽にバーベキューをできる

俺みたいなキャンプツーリング初心者でも簡単にバーベキューをすることができます。

とりあえず炭と着火剤を入れて、火を付けてあとは風を送るだけで火を起こすことができます。

 

形状的に風の影響も受けにくいですしね。

手軽に火起こしをできるというのは楽なもんです。

 

どうでも良いけど網がでかい。

 

この焚き火台にぴったり合う網がこちらです。

この網なら焚き火台と一緒に収納袋に入ります。

 

最初からこれ買っとけばよかった…

 

 

 

A4サイズに収納できるからキャンプツーリングに最適

焚き火台を収納したときのサイズがこちら。

下に引いているのはA4のノートです。

 

かなりコンパクトに収納することができますね。

サッとバッグの中に放り込んで行くことができます。

 

積載の量が限られているキャンプツーリングには最適な焚き火台と思います。

 

風防にもなる

こちらの焚き火台には五徳も付属しています。

炭を受ける部分を外せば、バーナーの風防にも使うことができます。

 

風が強い日なんかに最適ですね。

 

YOLERの焚き火台の悪いところ

耐久性がちょっと怪しい

一晩炭を入れて燃やしただけで、ところどころ曲がってしまいました。

と言ってもまだ全然使えるのでそこまでは気にはなりませんが。

 

値段が高いものは鉄板が良いものがついていたりするので、とりあえずこいつで色々試してみて次に進むってのが良いのかもしれませんね。

 

薪で焚き火をしにくい

サイズ的にコンパクトな分、キャンプ場で販売しているような薪を入れるのは困難です。

斧やナイフでかなり細かくしてやらないと恐らく入らないと思います。

 

かと言って薪を立てて入れるのも不安定で危ないし…

この焚き火台は炭でバーベキューをするというのに特化してると思ったほうがいいかもしれません。

 

何回かキャンプをして、薪で焚き火をしたいというのが分かったので別で焚き火台を買ってしまいました…(笑)

炭じゃちょっと物足りない…

 

それもこれもこの焚き火台を買って、火を起こしてみたから気づいたことなんですけどね。

ただ炭を使ってバーベキューをするなら手軽で便利なので、適材適所ってヤツです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

耐久性が怪しかったりと思うところはありますが、この焚き火台を買ってよかったなって思います。

炭での火起こしは楽だし、キャンプでやりたいことがこの焚き火台のおかげで分かったし。

 

寒い夜でも、十分に暖を取ることもできます。

 

別の焚き火台を買ったとはいえ、この焚き火台も使うタイミングがあれば一緒に使っていこうかなって思ってます。

コンパクトでバッグの中にサッと入れられるし、値段の割に大活躍してくれそうです。

 

カップラーメンだけじゃ満足できないから火で肉を焼きたい!って方には本当にオススメの焚き火台ですよ。

あなたのキャンツーライフの参考になれば嬉しいです。

 

それでは!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク







YouTubeでモトブログ配信中!

文章じゃお伝えできない情報や感動をZX-14Rに乗りながらYouTubeにて動画でお伝えしています。

ツーリング先の情報や、バイクに乗りたい!と思うような動画を配信しています。

 

バイク乗ろうぜというチャンネルで配信中!

気に入ったらチャンネル登録してね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

田﨑 慎也

バイク乗ろうぜ管理人。プロギタリスト兼WEBライター。Kawasaki ZX-14Rに乗って走り回ることが大好きな人。あなたが「バイクに乗りたい!」と思うような景色や風景、そして情報をお届けします。