キャンプツーリングに最適な軽さの焚き火台!ピコグリルめっちゃいいよ




どうも!バイク乗ろうぜの慎也です。

 

バイクで行くキャンプツーリングって、どうしても荷物が制限されてしまいますよね。

出来ることなら重さも減らしたいし、かさばる物は持っていきたくない…

 

だけどキャンプにおいて焚き火は絶対に欠かせない…

 

そんなあなたに最適な焚き火台がピコグリルです。

先日キャンプツーリングに行って実際に使ってきました。

 

今日はそんなピコグリル398をレビューします!

 

この記事は

  • キャンプツーリングにも焚き火台を持っていきたい
  • 軽い焚き火台がいい

そんなあなたに向けて書いています。

 

スポンサーリンク

 

大人気で売り切れ続出のピコグリル 398

ピコグリル398はスイスSTC社製の今最も動画映えする焚き火台です。

売り切れ続出で、オークションやAmazonなんかで転売されて価格が跳ね上がっている状態です…

 

それくらい大人気の焚き火台です。

 

特徴としてはとにかく軽くて、とにかく薄いです。

重量がたったの442gしかないんですよ。

 

すぐに折れるんじゃないか?って思うような細い棒に、ペラッペラの台で構成されている焚き火台です。

だけどね、こいつ意外と丈夫なんですよ。

 

試しにこれくらい薪を乗せてみてもびくともしません。

さらにかなり太めの薪を2本くらい乗せてたけど全然平気でした。

 

こんな感じで折りたたむことが可能です。

 

付属の収納袋はだいたいA4サイズです。

俺の愛用のMacBookとそんなに大きさは変わりません。

 

こんな感じで棒に噛ませます。

まあ綺麗に噛ませるのは最初だけですかね。

 

縁がちょっと鋭利になっているので、注意しないと手を切ったりするかもしれません。

それくらい薄いです。

 

横幅はキャンプ場で売られている薪を割ったりすることなく乗せられる幅があります。

最近買った小さな焚き火台じゃ、こんな風に薪を乗せるなんて出来ないですからね。

 

丈夫なくせにA4サイズの収納でめっちゃ軽いんで、バッグの隙間に放り込んでキャンプツーリングに行くことができます。

 

スポンサーリンク

 

ピコグリル 398をキャンプツーリングに使ってみた

真ん中が少し窪んでいて、横から見たらほんの少しV字になっています。

縦に入っている穴は空気の通り道のため、雑に薪を重ねても日が消えるなんてことはありませんでした。

 

オプションのスピットは串にも使えるし、並べて鍋を置いたり出来る五徳がわりにもなる便利なヤツです。

 

こんな感じでアスパラのベーコン巻きを作って焼いたりすることも出来るんですよ。

 

もちろん網を置いて焼き鳥を焼いたり、焼肉をしたりすることもできます。

網は30×30cmを買ったのですが、ちょっと大きかった…

 

1人分だったらこんなにサイズは大きくなくていいのと、せっかくなら収納袋に一緒に入れたいのでこれを買って試してみる予定。

 

 

ピコグリルの欠点

他のピコグリルのレビューを書いているブログに『火から網まで距離があるので薪を燃やさないと火力が弱い時がある』と書いていたのですが、確かにそんな印象は受けました。

 

個人的に思ったのが、薪を燃やすときは気にならないけど、炭を燃やすときは遠いかもしれないということですね。

なので炭を使って焼肉とかをするなら、俺が前に買ったB6くらいの焚き火台を使った方がいいと思います。

 

俺は多分ピコグリルで炭は燃やさないかなー。

こいつは薪での焚き火専用になりそうです。

 

やっぱりキャンプは火を眺めたいってのがあるし。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ピコグリルは値段はちょっとしますが、バイク乗りで少しでも荷物を小さく、そして軽くしたいのであれば買いです。

こんなに軽い焚き火台があっていいのかと思います。

 

そしてオシャレですしね…満足度が高いですよ…

 

「キャンプで焚き火をしたい!」って思ってスノーピークとか笑’sとか見てみたけど、やっぱり重たいし、かさばるものが多いんですよね。

それと質実剛健な感じで、いかにも機能重視です!みたいな感じがちょっとなーって感じでした。

 

ピコグリルならオシャレでなおかつ実用性に優れているので買ってよかった!って思えるキャンプ用品です。

これからのキャンプツーリングはピコグリルは欠かせませんね。

 

またこいつと一緒にキャンプに行こうかなと思います。

 

ちなみにAmazonは値段がまだまだ高いですね。いつか落ち着く時があるかもしれませんが…

 

 

在庫があるかは分かりませんが、PikariもしくはWANDERLUST EQUIPMENTで販売しています。

Pikariはスピットは別売りで、WANDERLUST EQUIPMENTはスピットはセット価格になっています。

 

ぜひ焚き火台をお探しでしたら、ピコグリルをチェックしてみてください!

所有欲が満たされる焚き火台ですよ。

 

あなたのキャンプツーリングの参考になれば嬉しいです。

それでは!

 

スポンサーリンク







YouTubeでモトブログ配信中!

文章じゃお伝えできない情報や感動をZX-14Rに乗りながらYouTubeにて動画でお伝えしています。

ツーリング先の情報や、バイクに乗りたい!と思うような動画を配信しています。

 

バイク乗ろうぜというチャンネルで配信中!

気に入ったらチャンネル登録してね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

田﨑 慎也

バイク乗ろうぜ管理人。プロギタリスト兼WEBライター。Kawasaki ZX-14Rに乗って走り回ることが大好きな人。あなたが「バイクに乗りたい!」と思うような景色や風景、そして情報をお届けします。