キャンプ場で挽きたてのコーヒーを!キャンツーに最適なミルを使ってみた




どうも!バイク乗ろうぜの慎也(@ShinyaGuitar)です。

 

コーヒー好きにとってはキャンプ場で過ごす優雅な時間にコーヒーは最高の贅沢。もちろんインスタントや簡単なドリップでも良いんだけど、豆から挽いてコーヒを楽しむ時間も贅沢なもの。

キャンツーに最適で、1〜2人分の豆を挽けるポーレックスのコーヒーミルをご紹介します。

 

ポーレックス コーヒーミル ミニ

移動のためのキャンプはあまりやらない俺は、無駄な時間を贅沢に楽しむのが俺の思うキャンプ。キャンプ場に着いてお酒を飲むにはまだ少し早い時間だったり、朝起きてぼーっとしている時間にのんびりとしながらコーヒー豆を挽いてゆっくりとコーヒーを淹れる。

普段の生活の中ではなかなか自分で豆を挽いて、コーヒーを淹れるなんて時間は取れないからこその贅沢かつ優雅な時間だと思っています。

 

大きめのハンドルで回しやすく、かつ抜けにくく改良されたそうな。

 

このようにハンドルは取り外して収納できるので、大きく見えるハンドル部分もコンパクトにまとめることができます。

 

こちらが刃の部分です。豆の粗さを調整することができます。調整の幅が広いので俺みたいにコーヒー豆を手で挽くことに慣れてない人は、好みを見つけるまでちょっと難しいかもしれません。まだジャストなポイントを見つけきれてません。

なので1回挽き終わった後にもう1回やり直したり。逆に言えば好みのポイントを見つけるのも楽しいかも。

 

1〜2人分の豆が入ります。個人的には1人分ずつの豆を挽くのが好きです。

 

挽き終わった豆は下の子の部分に溜まります。

 

豆の粗さはお好みで。

 

 

コーヒーバネット

挽いたコーヒー豆をドリップするためのバネットは、キャンプに持ち運びやすいように折りたたみ式のものがあります。

このユニフレームのコーヒーバネットならコンパクトにまとまるし、市販のペーパーが使えるのでめっちゃ便利ですよ。

 

専用ケース付きで、付属品で何枚かフィルターが付属しています。個人的には自宅でハリオのドリップを使っており、自宅でもキャンプでも使いまわせるので、こちらを使っています。

1人用のコーヒーを淹れるのにぴったり。

 

 

スノーピークの450のマグカップと合わせても問題ないサイズですよ。

 

 

まとめ

無駄を楽しむのがキャンプの醍醐味と思っている俺は、普段コーヒーを手で挽く時間がないものをあえて楽しむのが好きなんです。手間はかかりますが、それだけ無駄な時間をのんびり楽しんで、大自然の中で挽きたてのコーヒーを味わうのもまた無駄な時間の楽しみ方です。

 

最高の自己満足ではありますが、それもまた一興です。ぜひ以下のリンクからチェックしてみてくださいね。

あなたのキャンプライフの参考になれば嬉しいです。それでは!

 

 

 

 

こちらの記事も人気です



YouTubeでモトブログ配信中!

文章じゃお伝えできない情報や感動をZX-14Rに乗りながらYouTubeにて動画でお伝えしています。

ツーリング先の情報や、バイクに乗りたい!と思うような動画を配信しています。

 

バイク乗ろうぜというチャンネルで配信中!

気に入ったらチャンネル登録してね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

田﨑 慎也

ギターとバイクとブログの人。Blog & YouTube「バイク乗ろうぜ」/ エイ出版社「BikeJIN WEB」連載中 / オリジナルインストアルバム「Up and Down」発売中。Kawasaki ZX-14Rに乗って走り回ることが大好きな人。ブログとYouTubeを通して情報発信をして、バイクに乗りたいと思うきっかけ作りをしたい。