折りたためるLEDライト!電池要らずのキャンプツーリングに最適なランタン




どうも!バイク乗ろうぜの慎也(@ShinyaGuitar)です。

 

キャンプツーリングに必須なライト。車のキャンプとは違い、バイクの積載には限りがあるためファミリーキャンプに使うような大きなライトを持っていくのは大変。コンパクトに折りたためたり、収納できるものが好まれます。

 

今回個人的にお気に入りなコンパクトに折りたためて、電池要らずでランニングコストが安いライトをご紹介します。

 

この記事は

  • キャンプツーリングに使うライトを探している
  • 電池代を少しでも安くしたい
  • コンパクトなライトを探している

そんなあなたに向けて書いています。

 

 

スポンサーリンク

 

solar puff ウォームライト

サイズがコンパクト

個人的にすげーお気に入りなのがこれ。ソーラーパフです。LEDのランタンなのですが、折りたたみ式かつ太陽光充電が可能なランタン。

写真の左がソーラーパフで右はソーラーパフミニとサイズが違う商品ではありますが、どちらも折りたためてコンパクトに収納することができます。

 

キャンプツーリングは積載が限られているため、どうしてもサイズを変えにくいテントやシュラフなど以外の物はコンパクトなものになりがちです。ソーラーパフなら隙間に詰め込んだり、小分けしている収納袋に一緒に入れておくことができるんです。

 

2つとも折りたたんだらこんな感じ。

 

俺はこんな感じでティッシュやシャンプーなどを入れている小物入れに一緒に入れています。

 

昼間は太陽光で充電しておいて、日が沈んできたら点灯という使い方ですね。点灯パターンは強と弱、点滅の3パターン。点灯時間は強で約6時間、弱で12時間。点滅はあんまり使わないからどうなんだろうか。そこは分かりません。

 

色味

大きく分けてウォームライトとクールブライトの2種類です。他にも5色に光るやつとかあるけど、個人的にキャンプ場で紫とかにライトアップされてもテンション下がるので除外します。フェスとかで便利らしいですが。

 

俺はキャンプ場ではクールブライトのLED特有のきつい白が嫌なのでウォームライトにしました。いわゆる暖色系の暖かみがあるカラーです。

ただね、商品写真ではもっと暖かいというか黄色がかった色なんですよ。LEDは写真で質感が変わるとはいえ、俺のはあんまり黄色っぽくないなーって。メーカーさんに問い合わせたらこれが標準とのこと。上の写真でも左右色味違うしね。

 

LEDには個体差があるため、まあしょうがないかなーって。電球みたいな色を想像してると面食らうかもしれません。でも生地のセイルのおかげで光が拡散して柔らかくなっているからいいかな。コンパクトだし。

 

スポンサーリンク

 

カラビナがあると便利

テーブルの上に置くのもいいですが、クリアのベルトが付いているのでこのようにカラビナをつけてテントの前室の上に付けたり、室内にかけたりすることができます。

 

雨が降った時に前室にこもる時に上から照らしたり…

 

テントの上部にあるフックに引っ掛けたり。優しい光なのでいい感じ。

 

カラビナはサンダルをバッグに引っ掛けたり、ゴミ入れに使うビニール袋を引っ掛けて風で飛ばないようにしたりと使い道はたくさんあるので2〜3個持っているとめっちゃ便利。

 

 

万が一電池切れのサブは必要

うっかり充電を忘れてしまった、ずっと雨であんまり充電できなかったなどのトラブルは野外なので全くないとは言い切れません。

もっと言うとソーラーパフは全方向に向けて照らすので、懐中電灯的な使い方にはあまり向いているとは言えません。

 

DODのは閉じると懐中電灯みたいに使えます。

 

そこでオススメしたいのがDODのポップアップ2Wayランタンなのですが、俺が持っているのはすでに生産終了しているっていうね。まあ正直赤青白のライトってなんだかなーって思ってたのでいいのですが。

 

似たものはこれかな…

 

 

市販の単三電池が使えるし、ニッケル水素充電池を使えばUSBで充電も可能らしい。暖色と寒色の切り替えもできるし便利かも。

なんだかんだで電池を使うライトも1つあると、非常時や真っ暗の時にソーラーパフの電池が切れた時に役に立ちます。なので俺はソーラーパフとDODのランタンの体制をとっています。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

積載に限りがあるキャンプツーリングにとってコンパクトに折りたためるライトは、収納も最適だし使い勝手もいいのでほんとオススメです。

今まで2つのライトを持っていくだけで結構かさばってましたからね。電池代も何気にバカにならないというか。ランニングコストを抑えられるのも嬉しいポイントです。

 

キャンプ場でも浮くことのないカラーだし、ナチュラルに使えるところもお気に入り。

ぜひ折りたためるソーラーパフを使ってみてはいかがでしょうか。

 

あなたのキャンプツーリングライフの助けになれば嬉しいです。それでは!

 

 

こちらの記事も人気です



YouTubeでモトブログ配信中!

文章じゃお伝えできない情報や感動をZX-14Rに乗りながらYouTubeにて動画でお伝えしています。

ツーリング先の情報や、バイクに乗りたい!と思うような動画を配信しています。

 

バイク乗ろうぜというチャンネルで配信中!

気に入ったらチャンネル登録してね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

田﨑 慎也

ギターとバイクとブログの人。Blog & YouTube「バイク乗ろうぜ」/ エイ出版社「BikeJIN WEB」連載中 / オリジナルインストアルバム「Up and Down」発売中。Kawasaki ZX-14Rに乗って走り回ることが大好きな人。ブログとYouTubeを通して情報発信をして、バイクに乗りたいと思うきっかけ作りをしたい。