最強のインカム!?Cardo PACKTALK BOLDを1年で20000km使ったリアルなレビューをします




どうも!バイク乗ろうぜの慎也(@ShinyaGuitar)です。

 

1年ほどCardo PACKTALK BOLDを使っているのですが、今まで4メーカーほどのインカムを使った中で最も使いやすく、操作性に優れたインカムだなと。音質、操作性、ユニバーサル接続のしやすさ、スマホアプリ、耐久性のどれをとってもオススメできますよ。

今日はそんなCardoのPACKTALK BOLDをレビューしていきます!

 

動画でもレビューしているのでよかったらこちらもご覧になってください!

 

この記事は

  • 使い勝手のいいインカムを探している
  • ユニバーサル接続が簡単なインカムがいい
  • スマホアプリで簡単に操作できるものがいい

そんなあなたに向けて書いています。

 

 

Cardo PACKTALK BOLD

PACKTALK BOLDはCardo社の中で最上位機種のインカムで、最近流行りのメッシュ機能を搭載したインカムです。

2018年9月の北海道ツーリングから使い始めて、阿蘇やキャンプなど様々なところへ走りに行って、スマホとカメラが水没するような雨などの過酷な環境や長距離ツーリングにも耐えてくれたインカムです。

 

基本的には1人で走ることが多いのでDMCと呼ばれるメッシュ機能は使ったことがないのですが、1人もしくは2人で走ることが多い人にもかなりオススメできますよ。

 

ベースから簡単に本体が取り外せる仕様になっていて、充電の際にとっても楽。いちいちケーブルを抜いたりと面倒な手間がかかりません。ワンタッチで取り外せるのはポイント高いです。

 

スピーカーをつなぐ端子は珍しく3.5mmジャック。個人的にこれはちょっと収納場所に困るので、結束バンドを使って固定しています。

 

充電はマイクロUSBです。電化製品でよくあるタイプのジャックですね。ジャックにはカバーが付いていて、防塵防水仕様になっています。

 

防水性能はどうなの?

バイクで気になるのが急な天候の変化による雨。そこそこお値段の張るインカムなので水没したら悲しいですよね。

以前に北海道ツーリングに行ったのですが、ゲリラ豪雨でiPhone7とSONYのアクションカムが水没したことがあるのですが、PACKTALK BOLDは全く水没することなく耐えてくれました。北海道以外にもゲリラ豪雨などで濡れていますが、今のところ全く壊れる気配がありません。

 

限度はもちろんあるでしょうが、ちょっとやそっとの雨では壊れないということが分かっています。

 

PACKTALK BOLDの4つのいいところ

ボタンの配置が素晴らしい

直感的に操作できる本体のデザインがとても気に入っています。これは個人的な好みが大きいとは思いますが、余計なモードなどがなく3つのボタンとジョグダイアルのバランスが最適だなって思いました。グローブをはめた手でも操作しやすいし、ボタンもとても押しやすいです。

これまで使ってきたインカムの中でいちばん操作しやすいなと思う。

 

音質に優れている

PACKTALK BOLDはいろんなインカムを使ってきて、個人的には一番良い音だなと感じます。バイク専用のインカムに正直期待はしていなかったのですが、これはまあまあ良い。

そもそもインカムに使うような小さなスピーカーだし、バイクという風切り音やロードノイズ、エンジンのノイズまみれという特殊な環境で良い音で聴けるなんてことはありません。ぶっちゃげいろんなインカムを使って良い音って思ったことは一度もありません。そんな環境の中でもこれはまあまあ良い音。

 

音質は少し低音寄りのサウンドです。これには理由があって、バイクのスピードを上げると低音が吸われるそうな。バイクで音楽を聴くとなんかスカスカになるなーとは思っていたのですが、それが理由だそうです。かと言って低音ばっかりではなく、きちんと高域と中域も聞こえる感じがする。バイクに乗ってない時に音楽をかけるとヘビーロックなんか気持ちが良さそうだなって思います。

 

俺のには載っていないのですが、今のPACKTALK BOLDにはJBLという音響メーカーと開発したスピーカーが搭載されているらしいです。音楽やっている身としてはすごく気になる…メーカーさんに問い合わせてみたのですが、JBLスピーカーの単体販売の時期はまだ決まっていないそうです。

この記事を書いている時に情報がリリースされました。JBLスピーカーの単体発売は2019年9月末だそうです。

 

バイクって速度が上がると走行風や風切り音でインカムの音が聞こえにくくなりますが、自動音量調整機能搭載で外部のノイズに合わせて音量を調整してくれます。ただ、これって音量を上げるだけなので耳への負担は大きくなってしまいます。

個人的には高速道路なんかでは絶対に手放せない耳栓を併用するのがオススメ。これがあればよりインカムの通話や音楽をクリアに聞くことができます。ノイズキャンセラーとか搭載してくれたら嬉しいなって思うんだけどね。

 

ボイスコマンドが優秀

PACKTALK BOLDの最大の特徴がボイスコマンドを搭載してて、声だけでインカムの操作ができちゃうところ。

確かに手で操作した方が早い場面は多いんだけど、手が離せないシーンって案外あるんですよね。あとはなんとなくめんどくさかったりとか。そんな時に声だけで操作できるボイスコマンドはあると便利。

 

ちょっと音量を上げたいなーって時は「ヘイカルド ボリュームアップ」って言えばインカムが認識してくれます。こんな感じで電話に出たり、音量の調整をしたりと細かい操作ができます。

ただ数が多いので、全てのコマンドを覚えることはちょっと難しいかなって思いました。よく使うコマンドだけ覚えてると便利かもしれません。

 

んで、このボイスコマンドですが、長時間インカムに触っていないと反応しない時があります。メーカーの人に聞いたら長時間触らないと電池を節約するためのスリープ状態に入っていることがあるそうな。なのでその時はしばらく喋りかけたり、少し大きめな声で叫んだりすると良いそうですよ。

 

他社とのユニバーサル接続がとても簡単

俺の環境では、ビーコムと接続することが多いのですが、昔のユニバーサル接続って全く繋がらなかったじゃないですか。そして、今どきってツーリングメンバーが全員同じインカムを使っているって状況の方が少ないと思うんですよ。同機種の接続よりユニバーサル接続の方がメインというか。

 

だけど、Cardo専用のアプリを使えばびっくりするくらい簡単にユニバーサル接続を行うことができます。

 

アプリを起動してインターコムをプッシュ。

 

ペアリングボタンをプッシュ。

 

Cardoから呼びかけて、ユニバーサル接続であればCardo以外のユニットをプッシュし、相手を受け側にすれば勝手に探してくれます。

 

そして繋がったらそのまま会話スタート。一度ペアリングした相手は、次からは本体の上部のボタンを押せば自動で接続してくれます。最初は気づかなくて毎回アプリを呼び出してたのですが、この仕組みに気づいてからは簡単に繋がれるので重宝しています。

 

ユニバーサル接続の音質は多少ノイズは入りますし、同社インカムでの接続よりは劣りますが、長距離のツーリングなどでも問題なく使えました。高速道路でちょっと離れてしまったり、一般道で車を3〜4台挟んでしまっても切れることはなかったので、通信距離は案外長いのかなって思います。

 

PACKTALK BOLDの2つ惜しいところ

ボイスコマンドのヘイSiriが反応しにくい

ボイスコマンドはなかなか優秀だなと思う反面、iPhoneのヘイSiriだけがどうしても反応しないんですよね。んで、たまーにどうでも良い時に反応したり。

この辺はアップデートで修正されるとは思っているのですが、なかなか修正されず…個人的にヘイSiriが使えるとすごく楽なので、修正を待っています。

 

Bluetoothチップが1つなのでユニバーサル接続時にスマホのナビや音楽が聴けない

最近はBluetoothのチップ(A2DP)を2つ搭載した機種が増えてきていますが、PACKTALK BOLDのBluetoothユニットは1つだけ。ナビとスマホの同時使用ができなかったり、ユニバーサル接続でインカムをつないでいる時にスマホのナビの音声や音楽を聴くことができません。

他社のインカムをユニバーサル接続で使っていると、iPhoneのナビの音声を聴くことができずに曲がるはずだった道を通り過ぎてしまったりすることがあるので、チップが2つあったら最高だなって思います。

 

まとめ

多少の不満なところはありますが、1年の過酷な環境にも耐えてくれて最高の操作性と音質、そして耐久性を備えたインカムです。個人的にはすごく気に入っていて、これからもずっと使い続けたいなーって思います。A2DPチップを2つにしてくれたらなお最高。

 

実は本当はもっと早くレビューをしたかったのですが、どうしても解決できない問題が頻発していて、ここを無視してオススメすることはできないなってことがあったんです。まあ結果的に初期不良で、保証内だったのでメーカーに交換対応してもらいました。すごく気に入っているので初期不良でホッとしました。

 

この先もずっと使いたいと思うインカムがcardoのPACKTALK BOLDです。本当にオススメなのでもしインカムの買い替えを考えているのであれば、ぜひ使ってみてください。

動画でもレビューしているのでよかったらこちらもご覧になってください!

あなたのギア選びの参考になれば嬉しいです。それでは!

 

こちらの記事も人気です



YouTubeでモトブログ配信中!

文章じゃお伝えできない情報や感動をZX-14Rに乗りながらYouTubeにて動画でお伝えしています。

ツーリング先の情報や、バイクに乗りたい!と思うような動画を配信しています。

 

バイク乗ろうぜというチャンネルで配信中!

気に入ったらチャンネル登録してね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

田﨑 慎也

ギターとバイクとブログの人。Blog & YouTube「バイク乗ろうぜ」/ エイ出版社「BikeJIN WEB」連載中 / オリジナルインストアルバム「Up and Down」発売中。Kawasaki ZX-14Rに乗って走り回ることが大好きな人。ブログとYouTubeを通して情報発信をして、バイクに乗りたいと思うきっかけ作りをしたい。