九州ツーリングへ便利な大阪と別府をつなぐフェリー「さんふらわあ」




どうも!バイク乗ろうぜの慎也です。

 

本州にお住いの方で、九州ツーリングへ行きたいと思いませんか?「愛車で走りたい!」思ったときに大きく分けて自走とフェリーの2種類があります。

以前に東京から九州ツーリングに行く際に自走とフェリーを比べた記事を書きましたが、今回は東京からであれば自走とフェリー半々のいいとこ取りの記事になります。

 

本州から九州ツーリングを考えているあなたに参考になると嬉しいです。

 

この記事は

  • 本州から九州ツーリングへ行きたい
  • フェリーで行くことも考えている

そんなあなたに向けて書いています。

 

スポンサーリンク

 

ちょっとだけ優雅な船旅なら大阪からさんふらわあに乗ろう

半分自走、半分フェリーという選択肢

東京から九州へ向かう場合、全てのルートをフェリーで向かうと最高に優雅ではあるのですが2泊3日を船上で過ごすというなかなかのタイムロスをしてしまいます。

過去に福岡から東京までフェリーで帰ったことがありますが、正直なところやることがないので2日目くらいで飽きてきます。

 

かと言って全て自走で行くのも不可能ではありませんが、東北からだとかなり厳しい距離になると思います。

 

そこで自走とフェリーの美味しいところ取りをした、大阪まで自走してからの別府までフェリーというルートです。今回九州へ行くのに初めてこの方法で往復しましたが、なかなか悪くないかなと。

 

夕方に大阪に入ればいいので、朝無理して早起きする必要がない。そして夜は船上で酒飲んで、起きたら別府に着いているという。

寝てたら勝手に運んでくれるのが最大の魅力です。帰りは大阪まで運んでもらって自走で帰る感じですね。

 

まあ「1日1000kmを走るのも全然平気だぜ!」という人も中にはいるので一概に最高とは言えませんし、俺も1000kmなら走れちゃうのでなんとも言えませんが…(笑)

旅の選択肢としてはありだと思います。

 

弾丸ツーリングにオススメ

個人的にちょっと面白いなって思ったプランがあって、バイク弾丸フェリー&弾丸クルーズです。

サイトの説明はちょっと分かりにくいのですが、すげー簡単に言ったらフェリー代が最低1万円から九州を弾丸ツーリングできるよ(逆も可)ってサービスです。

 

フェリー代ってバイクを一緒にするとなかなかの金額になるんですよ。それが最低1万円から。

 

例えば10/26に大阪発のフェリーに乗って、27日の朝に別府に到着。半日阿蘇を走り回って27日の夕方のフェリーに乗って大阪に帰る…

通常より安いフェリー代で、現地で宿泊はせずにただただ走り回って、すぐに帰るという弾丸プランができてしまうんです。

 

そんなプランも用意してあったりとなかなか面白いフェリーだなという印象ですね。

長期の休暇を取れない方にとっては神プランかもしれない。

 

スポンサーリンク

 

さんふらわあこばるとの紹介

俺が乗ったさんふらわあこばるとの紹介をしてきます。

新造船ではないのでちょっと古い感じは否めませんが、1泊であれば特に気にならないかなと思います。

 

客室

今回泊まった部屋は1人部屋のスタンダードです。人目を気にすることがないし寝心地は最高。狭いのが気にならない人なら絶対にスタンダードがオススメ。

俺は帰りのフェリーで、あまりに疲れて9時間くらい爆睡してました。

 

備品は歯ブラシ、浴衣、タオルがあり、バイクに荷物を全部置いて手ぶらで来てもいいなと思いました。

ちなみに荷物は全ておろす必要がなく、バイクに積みっぱなしでも大丈夫です。

洗面所もあるしテレビもあります。時間指定で映画も流れているそうです。

俺は映画を観らずに寝落ちしましたが、暇を持て余すこともないから嬉しいですね。

 

それと、船内はWi-Fi完備…ですがまあ繋がりません。ツイッターとかを軽くチェックできる程度のものと考えてもらえたらと。

 

スポンサーリンク

 

食事関係

食堂では夕食と朝食のバイキングを食べることができ、値段は夕食は2000円、朝食は620円となっています。

夕食は豪華で大洗ー苫小牧のフェリーより豪華でした。大分の食材を使ったメニューもあって、ついつい食べ過ぎてしまいます。

 

テイクアウトのメニューなんかもあるみたいで、個室で食べることもできます。

 

売店にも数量限定でお弁当などが販売されているみたいです。

飲み物やつまみ、お菓子類なんかも豊富にありました。お土産もバッチリです。

 

なぜか売店にはKUSHITANIとさんふらわあのコラボグッズが…

 

自販機も多めに設置してありました。

 

冷凍食品やアルコールの自販機もあります。

 

キッズルームが奥にあり、食べるスペースもたくさんあります。

 

コンセントが付いた席もいくつかありました。

 

設備

フェリーでは定番の制服と記念プレート。右奥には逆さまになったインスタグラムのプレート。やる気ないな…

 

公衆電話と貴重品を入れるロッカーも完備。

 

喫煙コーナーもきちんと用意されています。

大浴場も男女別で用意してあり、旅の汗を流すことができます。

 

デッキ

デッキは4〜6階までありました。

 

フェリーに乗って出航時はやっぱりビールは欠かせませんね!

 

写真は大阪ではなく別府出港時ですが、想像以上に別府の街並みが綺麗でした。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

「さんふらわあこばると」は新造船ではないですが、食事も美味しく売店の販売メニューも豊富で飽きないなと思いました。

また東京から九州へツーリングに行くときは、移動の選択肢に確実に入ってきます。それくらい居心地が良いフェリーでした。

 

自走もいいし、全部フェリーもまた優雅だし。

でも半分自走で半分フェリーという選択肢も、いいとこ取りでなかなか悪くないなと思います。

 

ぜひ九州ツーリングを考えている方、そして九州から本州へのツーリングを考えている方は参考にしていただけると嬉しいです。

商船三井フェリーのサイトはこちらから。それでは!

 

スポンサーリンク







YouTubeでモトブログ配信中!

文章じゃお伝えできない情報や感動をZX-14Rに乗りながらYouTubeにて動画でお伝えしています。

ツーリング先の情報や、バイクに乗りたい!と思うような動画を配信しています。

 

バイク乗ろうぜというチャンネルで配信中!

気に入ったらチャンネル登録してね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください