初めての阿蘇ツーリングに絶景を堪能できるオススメのルートをご紹介します




どうも!バイク乗ろうぜの慎也(@ShinyaGuitar)です。

 

バイク乗りなら一度は行きたい熊本県阿蘇市。

バイク乗りの聖地としても知られる阿蘇ですが、広大な大地を走る感動はもしかしたら北海道を上回る可能性もあるほどです。

 

だけど、もしかしたら逆に広大すぎて、どこをどう回っていいか分からないという方もいるかもしれません。

バイクで阿蘇を何度も走った俺がオススメする、阿蘇のスケールの大きさと、食事を一度に堪能できるオススメルートをご紹介します!

 

この記事は

  • 初めての阿蘇ツーリングを考えている
  • オススメの阿蘇ツーリングのルートを知りたい

そんなあなたに向けて書いています。

 

 

阿蘇のスケールの大きさを一度に体感したい

阿蘇ツーリングを考えている…と言っても多くの人は九州全体を回るツーリングを考える方がほとんどだと思います。

九州で大きく考えると個人的なオススメスポットはたくさんありますし、オススメのポイントはこちらの記事にまとめていますが、例えば阿蘇も走りつつ鹿児島の佐多岬に行ってみたり、宮崎県に行ってみたりというルートとか。

 

そこで、他の場所を回るためにも阿蘇を効率よく、そして阿蘇らしさを体感できるルートは何か?をテーマに考えました。

地元の人や走り慣れている人にとっては定番のルートかもしれません。だけど、定番である理由があるからこその定番ルートです。

 

初めての阿蘇ツーリングにオススメルート

やまなみハイウェイ

大分県と阿蘇をつなぐ快適なワイディングルートです。森の中を駆け抜けていくルートは快感の一言。

ただ稀に白バイなんかがいたりするので、快走路だからといってあまり飛ばしすぎないように気をつけてくださいね。

 

自走、もしくは東京からオーシャン東九フェリーを使って北九州の門司港から来られる場合は、九州自動車道から大分自動車道に乗り換えて、道の駅ゆふいんを目指して向かってください。

 

夜に大阪を出発して早朝に大分の別府港に到着するフェリーさんふらわあもありますが、そちらを利用すると夜はしっかりと眠って朝から行動できるのでオススメです。

 

やまなみハイウェイを走ると見えてくる長者原は絶景で、綺麗に整備された道と、大自然が融合した景色は言葉を失います。

まっすぐに伸びた道の先に何があるんだろうと色々想像しちゃいます。まあ、このあと右コーナーなんですけどね。

 

ちょっと急なコーナーもあったりと走りごたえがあるかと思いきや、絶景が広がるポイントも多く、のんびり走ってて本当に気持ちのいいワインディングです。

 

やまなみハイウェイの途中にある休憩にちょうどいい三愛レストハウス

やまなみハイウェイを下ると三愛レストハウスという休憩ポイントがあります。

ガソリンスタンドも併設しており、給油にも最適。トイレなども完備しているのでここで各々のペースにあわせて寄るのもありだと思います。

 

ミルクロード

やまなみハイウェイを下ると阿蘇のミルクロードとぶつかるT字路に行くことができます。そのT字路を右折すると、まさに阿蘇の大自然を堪能できる道が広がっています。

 

もうね、阿蘇を初めて走るのであれば、絶対に走ってほしい道。初めて走った時の感動は今でも忘れられません。

 

個人的にオススメの時期は夏。春〜秋まで走りましたが、夏の緑の広がり方と色の濃さ、美しさは群を抜いています。阿蘇のカルデラ台地を美しい緑が覆う景色はもはや最高としか言えません。

 

もちろん他の季節も美しさや、季節の流れを体感することができます。

春は野焼きがあり茶色、夏は緑に覆われ、夏は秋は金色とまた季節によって表情を変え、バイク乗りを飽きさせません。

 

 

大観峰展望台

ミルクロードを西へ走ると見えてくるのが大観峰展望台。阿蘇の美しい景色を一望することができます。

ここには多くのバイク乗り、そして観光客が集まります。

 

景色を堪能できるし、食堂でご飯を食べることもできます。

ただ個人的には、この後オススメするお店があるので、ここではぐっと我慢してほしいかなと…コロッケとか美味しいです。

 

以前九州ツーリングをした時に韓国人のライダーもいました。言葉は違えど、阿蘇の絶景を通じてコミュニケーションをとったことが懐かしいです。

 

阿蘇パノラマライン

阿蘇山を観ながら駆け上げるワインディングが阿蘇パノラマラインです。

途中の道には広大な景色が広がり、牛や馬が放牧され、大自然とワインディングが融合した人と自然が共存した景色を見ることができます。

 

思わず涙が出るほどの絶景で、阿蘇ツーリングをするのであればミルクロードと合わせてめちゃくちゃオススメできる道です。もうねホント最高だから。

過去に阿蘇パノラマラインをもっと詳しく書いた記事があるので、あわせてこちらも読んでもらえたらと。

 

阿蘇パノラマラインの先には草千里があり、休憩ポイントでもあります。バイクの駐車料金は100円です。

ちなみに食事処もありますが、15時に行くともうお店が開いていません。地方あるあるですね。

 

下りは雰囲気がガラリと変わって、ゴツゴツとした岩場が多いのが特徴。

北と南でこんなにも違うのかと驚きます。

 

ケニーロード

阿蘇パノラマラインを下ると行くことができるケニーロード。

もともとはグリーンロード阿蘇という名前で、正式には阿蘇南部広域農道という名前の道になります。

 

その一部区間を『ケニーロード』とケニー・ロバーツに由来した名前がつけられました。

 

車の通りも少なく、快適なワイディングロードです。特別何かがあるわけではないけれど、阿蘇を走った後に熊本市内まで戻るのにとっても便利。

九州自動車道へ乗るのにも最適な道です。

 

せっかくならワインディングを走りたい!ってことでチョイスしてみました。

以前走ろうと思ったら通行止めだったんですよね。

 

 

オススメの食事ポイントは2つ

どうせ阿蘇に来たのなら美味しい食事をしたいもの。そしてせっかくなら阿蘇の名産を食べたいですよね。そして阿蘇といえばあか牛が有名です。脂肪分が少なく、赤身が多いのが特徴です。

 

個人的なオススメの中で名産のトマトを使ったオムライスなんかもあるのですが、今回はルート的に少し遠回りになってしまいます。これはまたの機会にでも行ってみてください。

 

北山レストラン

オススメのお店の1つがミルクロードからさらに西に走ったところにある北山レストラン。

 

北山レストランであか牛丼を過去に食べた時の記事もありますが、倍喰丼と呼ばれるあか牛丼はめっちゃくちゃうまい。

しかも絶景を観ながら食事ができるので、景色を堪能したければ北山レストランがオススメです。

 

北山レストランに行く際は、大観峰から阿蘇パノラマラインへ移動する間がオススメです!

 

瑠璃

もう1つのオススメポイントが阿蘇パノラマラインを下ったところにある瑠璃という温泉施設です。

初めて九州ツーリングに行って高千穂から阿蘇へ走った時にに、阿蘇パノラマラインが通行止めで通れなくて、引き返した時に寄った場所です。

 

日帰り温泉もあるので、ツーリングの疲れを癒した後に食べるあか牛丼が最高に美味しかった。

温泉も食事も堪能するなら瑠璃がオススメ。

 

寄るタイミングは阿蘇パノラマラインを下った後がオススメです。

 

 

まとめ

広大な大地と、緑の美しさ、そして自然の雄大さを体感させてくれる阿蘇。これから阿蘇を初めて走るバイク乗りのためにオススメのツーリングルートを書かせていただきました。

 

やまなみハイウェイからミルクロード、阿蘇パノラマラインからケニーロードを走るルートは初めての阿蘇にぴったりです。

食事もぜひあか牛を堪能して楽しんでいただきたいです。

 

もし何度か行ったのであれば、阿蘇の景色を360°パノラマで観ることができる押戸石の丘も最高にオススメです。何度も行きたくなる場所が阿蘇です。

ぜひあなたのツーリングプランの参考になれば嬉しいです。

 

それでは!

こちらの記事も人気です



YouTubeでモトブログ配信中!

文章じゃお伝えできない情報や感動をZX-14Rに乗りながらYouTubeにて動画でお伝えしています。

ツーリング先の情報や、バイクに乗りたい!と思うような動画を配信しています。

 

バイク乗ろうぜというチャンネルで配信中!

気に入ったらチャンネル登録してね!

 

2 件のコメント

  • 現在就活を控えてる関西の大学生です。就活が終わったら九州にツーリング行く予定を立てていたので参考にさせてもらいます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    田﨑 慎也

    ギターとバイクとブログの人。Blog & YouTube「バイク乗ろうぜ」/ エイ出版社「BikeJIN WEB」連載中 / オリジナルインストアルバム「Up and Down」発売中。Kawasaki ZX-14Rに乗って走り回ることが大好きな人。ブログとYouTubeを通して情報発信をして、バイクに乗りたいと思うきっかけ作りをしたい。