アダプター兼モバイルバッテリーでロンツー時のデバイスの電源管理をシンプルに




どうも!バイク乗ろうぜの慎也(@ShinyaGuitar)です。

 

スマホにインカムにカメラ…バイクでロングツーリングをする際に必要なデバイスが多々ありますよね。

ビジホに泊まって充電しようにも、たまにコンセントの口が1つしかなかったり、いくつもアダプターを持っていかなければいけなかったり。かといってタコ足なんか持って行きたくないですよね。

 

そこで活躍するのが電源アダプターとモバイルバッテリーが一体化したAnker PowerCore Fusion 5000をお勧めします!これでロングツーリング時の夜の電源管理が楽になりましたよ。

 

この記事は

  • ツーリングに使うデバイスの電源管理が面倒
  • 荷物を少しでも減らしたい

そんなあなたに向けて書いています。

 

 

スポンサーリンク

 

Anker PowerCore Fusion 5000

Anker PowerCore Fusion 5000は電源アダプターとモバイルバッテリーが一体化したものです。

バッテリー部は5000mAhの容量で、iPhone XSであれば約2回充電をすることができます。

 

本体にコンセントが搭載されており、充電のためにケーブル等をさす必要がありません。めんどくさがりには最適な仕様です。

 

給電用のUSBが2口、本体をケーブルで充電する用にマイクロUSBの口も搭載。急速充電の規格である『IQ』もあり、対応している製品であれば急速充電が可能です。

 

サイズはiPhone7と比べたらこんな感じ。厚みは倍くらいありますが。

 

スポンサーリンク

 

Anker PowerCore Fusion 5000のどこが使い勝手がいいの?

ロングツーリング時に考えなければいけないのが、インカムやカメラ、スマホなどの電源の管理。バイクにUSB供給ができるケーブルなどを積んでいれば移動しながら充電することも可能ですが、一度に全ての充電となるとなかなかしんどいです。

できることなら寝てる間に充電は完了させておきたいですよね。

 

俺はiPhoneはまだしも、インカムとカメラはできれば夜のうちにフル充電させておきたいですもん。

 

Anker PowerCore Fusion 5000は仮にコンセントが1口しかないホテルでも、USB供給口が2口あるのでケーブルを用意していれば同時に充電することができます。

 

他にもフェリーなどで寝室に1口コンセントが付いている時なんかも大活躍してくれます。北海道に仕事とプライベートでツーリングに行った時に乗ったさんふらわあや、これまた仕事で大阪から別府に行くさんふらわあに乗った時もやはりこのアダプター兼モバイルバッテリーが活躍してくれました。俺の旅には欠かせないアイテムになっています。

 

ていうか同時に充電できるのが本当に楽。今までアダプターを複数持って充電、もしくは1つのアダプターを使い回ししてたんですけどそれがまあめんどくさい。荷物が増えるのもめんどくさい。

 

それが1つのアダプターで完結します。もし万が一コンセントが見つからなくても、モバイルバッテリーとしてデバイスへ電源供給が可能。すげー楽。

ロンツー時の電源管理のストレスから一気に解放されます。

 

充電される順番は?

例えばiPhoneとAnker PowerCore Fusion 5000のバッテリーが両方とも50%だったとして、コンセントに挿した場合はiPhoneから先に充電されます。

先にデバイスから充電されて、100%になったらモバイルバッテリーが充電される仕組みになっています。

 

バッテリーの容量が5000mAhって少なくない?

最近のモバイルバッテリーは20000mAhみたいな大容量のものや、MacBookに電源供給できるようなモバイルバッテリーも増えてきています。

だけど、どれもサイズが大きいんですよね。サイズが大きいと自然と重量も増えますし。

 

容量を増やすとバッテリーを大きくしないといけないので当然っちゃあ当然なのですが。

 

実際に使っていて、そこまで容量に限界を感じることはありません。

俺がツーリング時に使うデバイスはiPhone XS、インカム、カメラの3台ですが、容量に少なさを感じたことはありません。ツーリング以外にも万が一に備えて持ち歩いていますが、iPhoneを2回充電できれば十分かなと。そもそも夜にちゃんと充電できれば、モバイルバッテリー自体は緊急用です。

 

iPadのような大容量バッテリーを搭載しているデバイスを2台持ち歩き、常に充電しなければいけない…という特殊なあれば足りないとは思いますが、全ての機器をざっくり1回フル充電できるくらいの容量があれば問題ないかと。

アダプターとも使うとこまめに充電できますので、バッテリーの容量不足を感じる瞬間はないはずです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

煩わしい電源管理を簡単にしてくれるAnker PowerCore Fusion 5000は個人的にはかなりオススメです。ロンツー以外にも普段から持ち歩くくらい気に入っています。荷物も減りますしね。

 

そしてバイクでロングツーリング時の荷物ってなるべく減らしたいですよね。バイクは積載できる量にも限りがありますし、走りにも影響してきますしね。

充電用のアダプターにも、緊急用のモバイルバッテリーにもなって、荷物を減らすことができるアダプター兼モバイルバッテリーはいかがでしょうか?

 

 

ロンツー時の電源管理のアイディアになれば嬉しいです。

それでは!

 

こちらの記事も人気です



YouTubeでモトブログ配信中!

文章じゃお伝えできない情報や感動をZX-14Rに乗りながらYouTubeにて動画でお伝えしています。

ツーリング先の情報や、バイクに乗りたい!と思うような動画を配信しています。

 

バイク乗ろうぜというチャンネルで配信中!

気に入ったらチャンネル登録してね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

田﨑 慎也

ギターとバイクとブログの人。Blog & YouTube「バイク乗ろうぜ」/ エイ出版社「BikeJIN WEB」連載中 / オリジナルインストアルバム「Up and Down」発売中。Kawasaki ZX-14Rに乗って走り回ることが大好きな人。ブログとYouTubeを通して情報発信をして、バイクに乗りたいと思うきっかけ作りをしたい。